ここから本文です

解決済みのQ&A

車の警告インジケーターの中の排気警告灯が点灯するときは、 それはどんな故障を示...

bvso55さん

車の警告インジケーターの中の排気警告灯が点灯するときは、
それはどんな故障を示しているのですか?
またそれを無視して乗り続けると、車はどうなるのでしょうか?

  • 質問日時:
    2007/7/10 09:24:15
  • 解決日時:
    2007/7/12 11:27:32
  • 閲覧数:
    7,441
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

kazuof23さん

排気温度センサーは触媒コンバーターに取り付けられおり、空気吸入量とガソリン噴出タイミングの
わずかなズレなどで発生する未燃焼ガスが多かったり、高回転を多用した運転で排気ガス温度が
高いなど触媒温度が異常に高くなると点灯します。
速度を落として消えれば正常です、速度を落としても消えない時は、停車して冷却します。
高温になっているので、枯草など、燃えやすいものがないところで停車しましょう。

警告灯の点灯は下記が考えられます。
・ホントに排気温度が高い場合に警告灯が点灯
・排気温センサー又は、そのアンプの故障による・・・某車では結構多い

冷却後、エンジンをかけ、再び点灯したら異常と思われるので、速めに整備事業場で点検してもらいましょう。

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

alwaysfull4wdさん

車の排気管(マフラー)の途中に有る「触媒」に何か異常が考えられます。
私の経験では、エンジンのプラグが一本スパークしていなかった為、不燃焼ガスが「触媒」に流れ込み
触媒が異常に熱くなって排気警告灯が点いた事があります。
そのまま放っておくと加熱しすぎて触媒がこわれ、ひいては車両火災にもなりかねません。
すぐ点検に出される事をお勧めします。

後日解った事ですが、プラグコードの先端差し込み部分に針穴が開いて、そこからスパークがリーク(洩れる)していました。それでプラグコードを4本とも新品と交換しました。触媒はかろうじて大丈夫でした。触媒がいかれると高くつきますよ。
やはり知らずに3気筒で走っているとパワーは有りませんね。

  • 違反報告
  • 編集日時:2007/7/10 10:04:18
  • 回答日時:2007/7/10 09:55:59

king7beeさん

触媒の温度警告です。触媒の中が異常に高温(もともと高温ですが)になるってのは未燃焼ガスが流れ込んでいるってことでしょう。
ってことは車の調子が悪くなっているはずです。下の触媒マフラーを覗いて真っ赤に焼けていたら 修理工場へ入れましょう。

車の調子がいいのでしたら単にセンサーの故障だと思いますし それが一番多いです。
確か今の車は排気温度警告等はなくてよくなったはずです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する