ここから本文です

テント内で酸欠死亡しないためには どのような暖房器具を使用すればよいのでしょ...

zyxxrodさん

2007/9/1617:37:27

テント内で酸欠死亡しないためには どのような暖房器具を使用すればよいのでしょうか?

フアミリー用のテントは小さいですから すぐに酸欠状態になると予想されますが死亡しないための方法手段はありますか?

Yahoo!ニュース Yahoo!ニュース利用者からの投稿(参考ページ

閲覧数:
70,165
回答数:
7

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2007/9/1816:50:04

 「テント内で酸欠死亡」~絶対に避けねばなりませんね。かといって冬だってキャンプには行きたいし・・・
テント内で使える暖房器具はかなり限られます。酸欠を心配されるなら、当然電源尽きサイトになります。

 一番のおすすめは、何も使わないことです。一般的に酸欠で死亡する可能性が一番少ないでしょう。
 何も使わないというのは、少々強引のようですが、寒くならない対策をすれば、持ち込まなくても大丈夫という事です。いくつかあげますと…
①地面から熱が奪われます。銀マットを2重3重に重ねましょう(当然銀側が下です)。
②シュラフは4シーズン用か羽毛のマミー型が暖かいです。3シーズン用のシュラフはインナーや毛布を併用しましょう。肩口が冷えると寒く感じるのでしっかり閉じましょう。
③使い捨てカイロは普段使い以外にシェラフの足元に入れておくといいです。低音火傷に注意(袋にに入れる等)してください。電気式湯たんぽでも良いでしょう。足が冷え切るとなかなか眠れません。
④衣服は寝る時は厚手のアンダーウエアと厚手のスウェットを用意しましょう。ジャージのように首上まで閉められるとなお良いです。最悪の場合ダウンのベスト(外でも着れる)を、スウェットの上に着ます。(ちょっと寝にくい…)
⑤あとは、寝る前に風呂に入るか暖かいものを飲んで、軽い運動(下半身メインのストレッチ等)で温まった血液の巡りを良くしてから寝ると良いでしょう。「自分の体温が外に逃げず温まる」これが一番安全で、健康的かつとても暖かいです。この方法で大抵朝までグッスリです。
 
 どうしてもという場合は、電気毛布(カーペット)の持込となるでしょう。もちろんこれも寒さ対策ですしね。
 予備として大きい毛布を一枚用意しておいて、ぴったり寄りそってる所に横にして掛ければ(家族4人ぐらいなら)それで間に合います。

 タープならガス・ガソリン系暖房器具使いたい放題ですし、スクリーンタープならシート・銀マット・上敷きでセラミックヒーターやホットカーペットかコタツ(延長コードを忘れずに)です。サイトはAC電源付きですね。言うまでもありませんが・・・
知り合いにスノピのリビングシェルを加工してちびストーブを持ち込んでる人もいます。ちびストーブの反対側には就寝時、ランブリのフライなしを使用します。(スクリーンタープの中にテントを入れている)なんていう強者もいます。でもテントの二重って案外使えるかも。今度やってみよう。
 くれぐれも一酸化中毒には気をつけて、楽しい冬キャンプをお送りください。参考になれば幸いです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「キャンプ ストーブ テント内」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

編集あり2007/9/1800:02:09

(´H`)基本的に慣れない人は、火気を使用しないこと。
カイロや湯たんぽ、電気カーペット等が安心。

どうしてもって言うんなら、経験者の手ほどきを必ず受けること。
初心者の自己流はとっても危険。


暖房器具による死亡事故は、一酸化炭素中毒が原因だよ。
酸欠になれば、当然、一酸化炭素は発生しやすいけど、その前に息苦しさで我慢できなくなっちゃうの。
酸欠にならなくても一酸化炭素中毒は発生するからね。

北海道の人は、暖房が絶対必要な土地柄、一酸化炭素中毒には、とっても神経質なんだよ。
昔から暖房器具や炭鉱事故での一酸化炭素中毒が多っかたので、その恐ろしさは、よく知られているんだ。
殆んどは、何も気付かないまま死んでいく事。
万一異常に気付く事ができても時既に遅く、手足が麻痺して身動きが全くできずに、何もできぬまま眠るように死んでいく事。
運良く救助されても、重い後遺症で生涯苦しむ事もね・・・。
それでも起ってしまう不幸な事故は、ほとんどが気の緩みからなの。
酔っ払って寝入ってしまうとか、器具のメンテナンスが不十分だとかね。

だから、火気を使用する場合は、絶対に気を抜かないこと。

hana_900rさん

編集あり2007/9/1622:40:52

テントで酸欠になるのも結構条件があります。
テントのインナーは通常薄く多少の通気がある生地で、フライは地面との間に全周隙間があり、
前室であればさほど心配なくランタンやコンロを使用できます。

一番危険なのは、知識が無くフライシートを使用しない場合。
雨に降られると生地が濡れて完全に通気無い布に覆われる事になります。当然浸水もして寒い…
コンロをつけて暖を取ろう… 最悪のパターンです。

ゴアテックスなどのシングルウォールの登山用テントも同じ状況になりかねませんが、必ず
ベンチレーター(吹流し型の通気口)が付いてます。雪に埋まる前程でフルストームフライが付いた
厳冬期テントなんかもそれこそテント内でしかバーナー使えない状況前程な訳で、フライを貫通する
しっかりしたベンチレーターが必ず付いています。

まずはちゃんとしたまともなブランドのテントを購入する事。必ず開閉可能なメッシュの通気口や
フライとの間にちゃんと通気できる隙間が確保されてる筈です。たまに天井の一部にちっちゃい
フライが付いてるだけのなんじゃこりゃテントを見ますがあれだけは避けましょう。

そして決して推奨は出来ない事ですが、しっかり判断して換気しながらなら短時間炎熱器具を
使っても問題ないと思います。登山する人は皆やっている事です。
その判断や経験に不安があるなら止めておいて下さい。酸欠はともかくテント火事は良く見ます。
テントって良く燃えますよー。
私はテント内が暖まるまでは入り口をフライだけ閉じ、インナー出入り口は全開のしっかり換気
できる状態で前室でランタンだけ点します。
5分もたてばかなりあったまるので消灯。暖かい飲み物を作って暖まるのも最高。
私はこの瞬間が冬場のキャンプで一番の楽しみです。ココアすすって、下半身はすでにシュラフの中。
ぽかぽかして幸せ…暑い時期にはありえない幸福感。
暖まったらホカロン抱いてしっかリしたシュラフで就寝します。

気温に応じたしっかりした装備を持たずにキャンプに臨んでしまう事が一番危険なのです。
思わず耐え切れずにコンロで暖を取りたくなったりしかねません。
だから寒い時期でなくても酸欠事故はよく起きます。
暑い都会の感覚で装備して山間のキャンプに臨んだりするからです。

厳冬期なら経験上人数に対し広すぎるテントは辛いです(内気が体温で暖まりにくい)
シュラフがヘビーな物でも、マットが薄いとアウトです(冷たい地面はどんどん体温奪います)
くれぐれも装備は慎重に。カイロや湯たんぽは安全なので大変結構。しかしそれに頼って
貧弱な寝具やマットで済ませるのは大変危険!一番冷える明け方には冷めちゃうかもしれない。
熱器具無くても快適に過ごせる装備を必ず持つ様心がけて下さい。

bianka1420さん

2007/9/1620:58:44

地面からの冷気も結構きついので
それを遮断するだけでも違うかもしれないですね。
厚手の銀マットを重ねて敷いてみるとか
テント用エアーベットを利用してみるとか。
寝袋にもぐりこんでしまえば体温であたたまるので
そんなに寒くて寝れないってことはないですが
毛布が1枚あれば全然違うかもしれないです。
もっともこれらはキャンブ場利用の場合になりますが。

hanoif1さん

2007/9/1619:57:11

オートキャンプ場の電源付きサイトでしたら
電気毛布やカーペットを(安い物)使うといいと思います。
電源が無ければ、湯たんぽや、ダウンのシュラフで結構
暖かいです。
とにかくテント内ではベンチレーターをあてにせず、火気は
やめておいた方が安全です。(緊急時以外は)

2007/9/1619:05:28

今日、カセットボンベの暖房機で北海道のキャンプ場で2人の男性がテント内で亡くなられたというニュースが有りました。
これを見て、すぐに頭に浮かんだのが湯たんぽでした。
湯たんぽは、酸素を消費しないですもんね。
豆炭カイロやホッカイロは酸素の消費が少ないんじゃないですか?
今では着る物で熱を出してくれる物があるみたいですから、そちらを研究する事も良いんじゃないでしょうか?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。