ここから本文です

解決済みのQ&A

先日の健康診断で尿検査のところで潜血ってやつが(+)で要観察だったのですが・・ ...

rdae1000h_10さん

先日の健康診断で尿検査のところで潜血ってやつが(+)で要観察だったのですが・・
なにが悪いのでしょうか(>_<)??

  • 質問日時:
    2007/9/26 09:21:14
  • 解決日時:
    2007/9/28 16:38:56
  • 閲覧数:
    10,773
    回答数:
    5

ベストアンサーに選ばれた回答

hiroe_969さん

女性だったら、生理があるので、呼び出しがなければ問題ないです。検査結果を見た瞬間、医師がわかるのですが、セクハラなので口には出しません。
そうでなければ、便秘、ぢ、大腸ガンの可能性があるのですが、まあ、検査結果が出てから悩めばいいですよ。

質問した人からのお礼

  • 降参みなさんありがとぅ~^^
    色んな原因があるのですね・・・・
    なんの呼び出しもないのでそんなに心配する必要ないんでしょうね^^;

    ちょくちょく膀胱炎になる癖があるのでそのせいかもしれません(汗)
  • コメント日時:2007/9/28 16:38:56

グレード

ベストアンサー以外の回答

(4件中1〜4件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

kigi0104さん

皆さんのお答えの他の原因による尿潜血があります。原因不明の尿潜血の半分以上は世界自然療法師館が発表内出血性尿潜血があります。

静脈瘤その他血管の異常によって内出血をした場合、赤血球は中程度の分解を受けながらリンパ管を経由して腎臓に達しヘモグロビン様物質だけが尿中にごくごく微量放出されます。これが原因不明の尿潜血です。

内出血があるかないか?内出血を治すとこれらの内出血は解決します。分かり難かったですか???

karimero0301bさん

尿潜血とは?尿に赤血球が混じる状態をいいます。尿の沈殿物を顕微鏡で観察すると、正常者では殆ど赤血球は見られませんが、一視野に5個以上の赤血球が認められる場合、「血尿」という判断になります。潜血とはこのことを、化学的に試験紙を用いて調べたものです。

血尿には大きく分けて、見た目で分かる肉眼的血尿と、見た目では分からず顕微鏡でしか分からない、顕微鏡的血尿に分類されます。検診で初めて血尿を指摘される方は、殆どが顕微鏡的血尿です。


血尿の原因は?
1) 全身疾患の一つの症状として出現する場合。
高血圧、糖尿病、高尿酸血症、膠原病、白血病などによる血尿があります。このような病気を持つ患者さんは、血尿の有無や、腎臓の働きについて、調べる必要があります。
2) 腎炎などの内科的腎疾患によって生じる場合。
内科的な腎疾患としては、慢性糸球体腎炎があります。この場合蛋白尿を伴う場合が多く、腎臓の働きが将来的に悪化する可能性もあります。
3) 泌尿器科的な病気によって生じる場合。
尿潜血のなかの2-3%ぐらいですが、泌尿器科系の悪性腫瘍があります。腫瘍が腎臓、尿管、膀胱、前立腺のどこに存在しても血尿が生じます。40歳以上の癌年齢になってから血尿を指摘された場合は、精密な検査が必要です。その他腎臓結石や、尿管結石、膀胱結石などの尿路結石症、膀胱炎などの感染症も血尿の原因になります。


血尿の検査は?
血尿は、原因が分からないものが実は一番多く、8割方は原因不明です。原因不明の血尿の場合、将来重大な疾患に進展することは非常に少ないので、定期的な検査を受けていれば安心です。血尿の原因を調べる検査としては、以下のものがあります。
1) 尿検査:尿の中に赤血球の他に異常がないかを調べます。白血球や細菌があれば尿路の感染症や結石を、円柱と呼ばれる、細胞や分泌物の集塊があれば腎炎を疑います。
2) 尿細胞診:尿の中に、悪性腫瘍を疑わせる細胞が出ていないかを調べます。感度が高い検査ではありませんので、複数回(最低3回)調べる必要があります。
3) 採血:尿に蛋白が同時に出ている場合などに、腎炎を疑い腎臓の働きや、体の免疫の状態などを調べるために行います。
4) 超音波検査:腎臓や膀胱の形態を調べるための検査です。腫瘍や結石などのスクリーニング検査として重要です。血尿が継続する場合は3-6ヶ月に一度チェックする事が望ましい検査です。
5) X線検査:造影剤というお薬を静脈に注射すると、その造影剤が尿の通り道に排泄され、尿の通り道がX線によく映るようになります。このことを利用して腎臓から膀胱までを、よく観察する為の検査です。
6) 内視鏡検査:尿道・膀胱を、内視鏡を使って実際に観察します。尿の出口から内視鏡を挿入しますので、検査による痛みがありますが、癌年齢(40歳以上)に達している方は、検査を受けることをお勧めします。

karimero0301aさん

尿潜血反応とは、尿に血液が混ざっている、という意味ですが「でも全然赤くないし、血液が混ざつているとは思えない」という方が大半だと思います。
 
尿の潜血反応は、通常試験紙法によって検査されます。この検査は、非常に鋭敏な検査で、わずかの血液が混ざつただけでも陽性となるため、健康診断では、かなりの比率で陽性になってしまいます。特に女性では、生理の影響で陽性率が高くなつてしまいます。また、生理の直後などでもほんの少しの血液が尿に混入して陽性となります。

 尿潜血反応が陽性になる原因には、非常に多くのものがあります。健康診断で陽性となり、二次検査にまわった方は、尿検査のほか、血液検査、超音波検査、レントゲン検査など、非常にたくさんの検査をおこなった記憶があるかもしれません。その結果、「原因がはっきりしないので、このまま様子を見ましょう」という結論になった方も少なくないでしょう。

 二次検査にて明らかな原因の特定ができるものは40%にすぎませんし、治療を必要とするものはそのうち40%弱であるという統計まであります。それではなぜ、尿の潜血を調べるのでしょう? それは、陽性者の中に、ごくわずかですが、尿路系の悪性腫瘍が見つかるからです。また、そのほかにも様々な腎臓病や泌尿器科の病気が見つかることもあります。

尿潜血陽性となる病気を診断していく上で、尿沈渣検査といって尿を顕微鏡で見る検査があります。通常、尿潜血陽性の場合には尿沈渣検査でも赤血球が多くみられます。しかし、まれに、沈渣の中に赤血球がみられないこともあります。このような場合には、尿に血液そのものが混ざつているのではなく、ヘモグロビンや、構造が似ているミオグロビンという蛋白が尿に入っている可能性があります。特にミオグロビンは、激しい運動などで大量に筋肉から放出され、尿にでてくることがあります。

 尿沈渣で赤血球が認められる場合、その形にも注目します。血液の中では、赤血球は均一の円板状の形をしていますが、腎臓病で尿に赤血球がみられる場合、リング状の赤血球やこぶのある赤血球など、様々な変形を伴うことが多くなります。このような変形がない場合は、腎臓以下の尿路、すなわち膀胱や尿管などの病気の可能性が高くなります。

 尿潜血が陽性となる病気の多くは、ほかにこれといった症状がみられません。したがって、健康診断などでたまたま見つかることが大半です。腎臓病などでは、以前から健康診断のたびに尿潜血をいわれていたが症状もないため放っておいて、気がついたら腎不全で透析をしなくてはならなかった、ということもありますので、原因がはっきりわからない場合でも定期的な健診をおすすめします。

honens88さん

潜血の原因には、膀胱炎、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、腎炎、尿路の悪性腫瘍などがあります。
しかし、原因不明というのが一番多く、他に症状もないことから、現在はすぐに精密検査や治療の必要はなく、
要観察となったのです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する