ここから本文です

解決済みのQ&A

パワーポイントでの卒業論文発表について

pqpqpqpqpppppppppppppppppppppppさん

パワーポイントでの卒業論文発表について

質問を見ていただきありがとうございます。

パワーポイントでの卒業論文発表について質問させていただきます。

仮に、パワーポイントを使用して10分間の発表をする場合に何枚ぐらいが、最も理想もしくは聞き手に分かりやすいでしょうか?

なるべく話しての自己満足で終わる発表では終わるのではなく、聞き手中心の発表にしたいと考えています。

初歩的な話でも申し訳ありませんが、御指導・御鞭撻よろしくお願い致します。

  • 質問日時:
    2008/2/3 15:03:22
  • 解決日時:
    2008/2/5 17:40:22
  • 閲覧数:
    21,310
    回答数:
    4
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

ossekabarimさん

1枚1分が目安ですので、10枚が目安です。
ちなみに文章としては、10.5ptの文字で作成したA4用紙2ページで10分と覚えておくと良いでしょう。

起承転結で分けると

起(論文選択の背景、目的など):1枚→できるだけ簡潔に
承(研究内容のポイント、重要点):5枚→数項目あるが、今回はこの「最重要項目に絞り発表する」など
転(研究を進めてゆく上での難点):3枚→自分自身がどのような難局を乗り越えて、結論を導き出したか
結(総括、研究にて得られた成果):1枚→自分の成果および今後の展望、研究の継続性の見通しなど

【パワーポイントについて】
・できるだけ、図、表、グラフ、絵を使用し、文字の羅列は極力避ける
・ポイントとなる部分については色分けもちろん、パワーポイントのアニメーション機能を使用するなどして、ポイントを強調する
・1枚での表示で長々と説明することを差し控える
・1枚で2分などになりそうな場合は「詳しく説明する」などの意思表示を説明に加える
・表題は各ページの要約として(新聞の見出し記事のように)必ず表記
・ページ番号を隅にいれておくと良い

【説明のしかたについて】
・「この図は、○○を表したものです」「この表で、△△を比較します」など、まず何をこれから説明するか話す
・一般論については「一般的に」で説明を割愛、自分の所見については「自分の考えとして」と詳細補足説明
・6枚目(転の直前)で導き出そうとする結論の想定(このようになる筈だが...)を説く
・自分を客観的に評価して、聞き手の立場に立ってシンクロするように発表する(難点、苦労点は同じという考え)
・お世話になった方々への謝辞は必ず入れる、参考文献は読み上げる必要なし。

以上ご参考まで。発表、頑張ってください。^^

ベストアンサー以外の回答

(3件中1〜3件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

marubooroxさん

化学の分野ですと一枚で平均一分弱くらいが最も適当です。
ですので10分だと10枚から12枚くらいを目指すと良いと思いますよ。
もちろん内容によって同じ一枚でも時間は変わってきますが、
10分で5-6枚しかなかったり20枚近くある発表はとてもじゃないですが聞いていられません。
肝心なのは、重要なキーワードはスライド中に入れてしまうこと、言う必要のある数値等もすべてスライド中に書いておくことです。
スライドに書いてない内容を口だけで説明してはいけません。
また、逆に文章を長々と書くのもよくありません。
必要なことのみをできるだけ図式化して示してください。
発表中は、話している内容とスライドに書いてあることがきちんと対応するようにすること。
指し棒でもレーザーポインターでも良いですが、話している箇所をきっちり指して、あまり動かさないようにすることが重要です。
あとは堂々と大きな声で、できるだけ聴衆のほうに顔を向けて話すようにしてください。
それでは頑張ってください。

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/2/3 18:12:01
  • 回答日時:2008/2/3 18:10:21

coffee_quantumさん

内容を盛りだくさんにしようとしたり、細かく文章を書いたりして、
パワーポイントのスライドをたくさん作ると、
すぐに次のページに切り替わってしまうので
聞いてる方は何だったかさっぱり分からなくなります。
こういう事は、なるべくさけましょう。
1〜2分で1枚ぐらいが適量じゃないですかね。

長々と文章を書くのもやめた方が良いです。
読んでると話が分からなくなるので、誰も読みません。
キーワードを中心にまとめるように、
文字もある程度大きいものを使って見やすいようにしましょう。
論理の展開なら

a_n は単調増加数列
→ しかし、a_n は上に有界
→ n→∞で収束

とかで十分です。

文字が横から出てくるような、
変な効果を使うのもやめた方が良いです。
スライドを常に見てる訳でもないですし、
キーワードを見ながら論理がどう展開されるか考えながら聞いてるので、
スライドの最後にチョロッと出てくるようだと
理解しづらいんじゃないかと思います。

私はこのようにしているという事を書いてみました。
参考にしてみて下さい。

nori_chan_3_2005さん

スライド数は分数に応じて変化するものではないと思います。
発表の内容によって異なると思います。

一枚のスライドに載せられる情報量もありますので、
適度な枚数に仕上げるしかないと思います。

多すぎても、何をスライドしていたかよくわからなくなってしまい、スライドを使う意味がなくなってしまいますし、
超少なすぎても、それもまた言葉だけが頼りでスライドを使う意味がなくなってしまうと思います。

他にも卒論発表者がいるかと思いますので、見比べてみてください。
うまい方は適度な枚数、情報量に収まっていると思います。

期日的にはあまり時間がないと思いますが、頑張ってください

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する