ここから本文です

会社を経営してる方がよく「車は会社の経費だから」と言いますが、経費で落ちると...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

kittyaki61さん

2008/2/522:44:18

会社を経営してる方がよく「車は会社の経費だから」と言いますが、経費で落ちるという意味がわかりません。

車をタダで乗ってるわけじゃなくローンで購入してるから結局お金は払ってるわけですよね?

自動車税も。

会社の経費で落とすとどんなメリットがあるのですか?

補足どの回答者様も大変わかりやすい説明をして下さったので納得出来ました。

B.Aは投票にさせて頂きます。ありがとうございました!

閲覧数:
6,977
回答数:
5
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rokusan630さん

編集あり2008/2/1111:20:24

会社は事業活動を通じて利益を得るのが目的です。
つまり会社が獲得した収益から会社の運営経費を引いたものが
会社の利益となります。
会社がその事業によって得た利益には法人税が課されます。
会社が国に支払う税金は50%弱になります。

そこで会社名義で社有車を購入してガソリン代や保険料、自動車税等を
支払えばその費用は会社の運営経費として落とす事ができます。

具体的に分かり易く言えば

会社の収益が1000万円で経費が600万円だとします。
利益が400万円ですから会社は国に約200万円の税金を支払います。

そこで社有車の購入費などを300万円として経費に入れる事にすれば、
収益が1000万円で経費が900万円となり会社の利益が100万円
になります。
従って会社が国に支払う税金が約50万円となり
車を買うことによって国に支払う税金が
200万円から50万円へと少なくなるわけですね。
国に払うよりは自分達が使った方が良いと考えるわけです。

ローンでも返済期間で計算すれば同じ事が言えるのです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜4件/4件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2008/2/613:30:19

法人(株式会社や有限会社)の場合。
基本的に会社(法人)と個人(社長)は別と考えます。
社長も会社から給料を貰って生活することになります。
車の費用などは全て会社が負担するので、その経営者は、「自分の懐は痛めないで済むから」
という意味で言われているのだと思います。

ただし何でも経費にできる訳ではなく、事業に必要な支出しか経費として認められません。
車関係は事業で使っているので経費に落ちるという事になるのでしょう。
*親戚へのお歳暮は経費で落とせない。。
*取引先へのお歳暮は経費で落とせる。。という事です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

today_windyさん

2008/2/600:05:50

こうお考えになってはいかがでしょうか。

例えばあなたが自営業をやっていたとします。
今期の決算が下記のとおり見込まれるとします。
総売上高1000万円
諸経費額0800万円(あなたへの給料300万円を含む)
当期利益0200万円
そうするとこの利益200万円に税金がかかってほぼ半分が税務署に持っていかれるわけです。
つまり税金を100万円納めて会社に残るのは100万円です。

この諸経費800万円の中にはあなたへの給料に相当する300万円が入っているとします。
あなたはこれで生活するわけです。
これで食費をまかない,例えば車を買ったりガソリンを補充したりします。
今仮にこの200万円の中に車関係の費用がトータル100万円相当程度含まれているとしましょう。
この車はあなたの私用車であり個人の費用でまかなっているわけです。

でももし会社の車として会社で負担するとどういうことになるでしょう。
そのときあなたの手取りは減らないものとします。

総売上高1000万円・・・変わらず
諸経費額0900万円(あなたへの給料300万円を含む)・・・(+車関係の費用100万円が加算された)
当期利益0100万円
そうするとこの利益100万円に税金がかかってほぼ半分が税務署に持っていかれるわけです。
つまり税金を50万円納めて会社に残るのは50万円です。

この二つを比べてみてください。
あなたの手取りは変わりません。
あなたが手取りの中から負担していた100万円を会社負担にした分
会社は当然当期利益が小さくなります。
でも税額が100万円から50万円に減って,会社に残る利益も50万円減っています。
ただあなたは300万円の手取り中から車代を負担しなくて良くなっているわけで,
その分100万円自由になるお金を手に入れたことになります。

つまりこのようにすることであなたは自由になる金を100万円増やすことが出来ます。
ではこのしわ寄せは床へ行ったのでしょうか。
半分は会社の最終利益が減っています。
そしてあとの半分は税務署へ収める税金が半分減っています。

税務署に収める分というのは会社にもあなたにもまったく腹の傷まない話ですので,
分かりやすく言えばその分節税できたともいえます。
このためその方が得だということになるのです。

言い換えれば,会社の費用負担として,それを経費として計上することにより
会社の利益が圧縮されればそれは半分は税金と会社の利益とが折半でその帳尻を
負担してくれるということです。

もちろん何でもかんでも私用のものを経費とすることは出来ません。
あくまでも会社の経費として筋が立つものだけです。
でも例えばちよっとした打ち合わせのコーヒー代などは自腹で払わず経費扱いとするなどは
比較的よく行われているように思われます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jya1gua5さん

2008/2/523:09:52

会社は利益が出ると法人税で40%以上持っていかれます。

例えば、1000万円利益が出ても600万円しか残りません。

ならば、
6年リース契約でベンツを購入、年間200万円払った(これが経費)と
仮定すると利益が800万円になり、税金を引いて480万円が残ります。

上記を比較し、600万円-480万円=120万円でベンツに乗れたことになります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

seven150ironさん

2008/2/522:46:41

その分税金を払わなくて済みます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する