ここから本文です

SACDって何ですか?普通のCDより音質が大分良いのでしょうか?

bennyfevansさん

2008/2/918:34:10

SACDって何ですか?普通のCDより音質が大分良いのでしょうか?

閲覧数:
1,369
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

trose1833さん

2008/2/1000:36:14

スーパーオーディオCDのことです。だいぶ良いというわけではありませんが,クラシックやジャズなどではその効果が実感できると思います。周波数帯域を拡張したCDですが,対応するオーディオシステム(CDプレーヤー)で聴くと大変高品質な音を堪能することができます。

ところで,yamada_goro76先生の回答において下記の部分は完全に誤りですので訂正しておきます。

[誤]
最近のロックやポップスでは、CDの規格では音が潰れるまで音量を上げているので、そういったCDなら、SACDの方が音がいいと感じるかも知れませんね。
クラシックなら楽器の音域も狭く、音割れするほど音量を上げないのでCDで十分でしょう。

[正]
クラシックやジャズでは,CDよりもSACDの方が音がいいと感じるかも知れませんね。fレンジが広いのでSACDであるに越したことはありません。
最近のロックやポップスならDレンジも狭く,大音量の方にかたよっているのでCDで十分でしょう。

[追記]
「クラシックの楽器の音域が狭い」などという妄言を信じないようにしましょう。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kazu_tienowaさん

編集あり2008/2/1002:00:45

CDよりも音を細かく刻み、周波数レンジをより大きく、ダイナミックレンジをより大きく(具体的には+3dB)とることができるようにしたものがSACDです。

録音エンジニアの技量次第でCDよりも、より高音質を目指すことが出来ます。
(つまりSACDでも人が変われば、音質も変わる!当然CDでも録音エンジニアで音質は変わるけれどね)

録音やミキシングの過程の音の加工処理のひとつにコンプというものがあります。CDではダイナミックレンジがSACDより小さいことからより強くコンプをかける必要があります。ポップでは特にコンプを強くすることがあるそうです。小さい音を大きく、大きい音は小さくしてCDに入るよう整形する。圧縮されたときに音数が残りやすいようコンプを強くするといった目的があります。強くかけることによる弊害もあるそうです。一方SACDにする楽曲ではコンプを弱めで収録することが多いらしいです。(製作者サイドの人のサイトが情報源です)

SACDでは高音質の5.1chのマルチチャンネル再生ができるものがあります。その大部分はオーケストラのソフトですが5本のマイクで録音した音を正しい位置にセットした5本のスピーカーで再生することにより、生で聞いた音に近い再生が可能です。
(このような役目はSACDが盛り下がっても、BDなら録音フォーマット次第ですが、後を引き継ぐことができるような気がします)

ポップではマルチトラック録音をダウンミックスして2ch音声を作りますが、マルチチャンネルに音を割り振ることで録音エンジニア(バランスエンジニアともいう)の感覚次第で2chでは得られない音のイメージが描けます。

SACDでより高音質を目指したAVwatchの記事がSACDの理解の助けになるかと、、、

第298回:「かないまるルーム」で生まれる究極のSACDとは?
~ その1: Le Couple藤田さん「CDで削ぎ落ちていたもの」 ~
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071126/dal305.htm

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

編集あり2008/2/1015:47:28

CDは量子化ビット数の問題で、96デシベル以上の音量のものは音割れを起こしてしまう問題がありますが、その程度の問題です。
レコーディングや編集の段階で変なことをしなければ、CDの音質でも十分でしょう。

最近のロックやポップスでは、CDの規格では音が潰れるまで音量を上げているので、そういったCDなら、SACDの方が音がいいと感じるかも知れませんね。
クラシックなら楽器の音域も狭く、音割れするほど音量を上げないのでCDで十分でしょう。

>「ところで,yamada_goro76先生の回答において下記の部分は完全に誤りですので訂正しておきます。」
完全に誤りですという割には、あまり参考にならないことしか書いていないのが残念です。


>「最近のロックやポップスならDレンジも狭く,大音量の方にかたよっているのでCDで十分でしょう。」
一部CDで音が潰れていることは、耳でも波形レベルでも確認できると思いますが...。音量の大小の差があるとSACDで特に有効というのはどのような根拠があるのですか?
クラシックと出せば音質にこだわっていると思ってもらえるという人がいるようですが、下記の回答者さんもその仲間でしょう..。


他の方がリンクしている
http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20071126/dal305.htmについても、
あの藤本健氏が音を比べて文章を書けるわけがないでしょう。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2008/2/918:38:56

スーパーオーディオCDですね。
SACDプレーヤーを使用して再生することにより、より音質の良い音楽が楽しめる。
高額な単品コンポでオーディオをそろえている人なら意味があると思う。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する