ここから本文です

アレニウスの法則について質問です。 温度を10℃上げたときの反応速度増加率Q10値...

質問者

m26351103さん

2008/2/1118:21:36

アレニウスの法則について質問です。
温度を10℃上げたときの反応速度増加率Q10値が大きいということはどのような意味があるのでしょうか?
それから、活性化エネルギー値とはリンクしているのでしょうか?

Q10の値が別のQ10よりも大きいということは、同じ温度上昇させると、反応速度が、より大きく増加するということですよね?
ということは、Q10が大きい方が少しの温度上昇で活性化エネルギーをこえる分子が急激に増えるということなのでしょうか?
そう考えるとQ10が大きい方が活性化エネルギーが小さいのでは、と考えられるのですが、私の実験データでは活性化エネルギーが大きい方が、Q10の値が大きいのです。

閲覧数:
4,011
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yamatodaijaさん

2008/2/1418:29:24

質問がやたら面倒くさいのですが、アレニウス式を普通に見たら理解できそうな感じがしますけど。

k=Aexp(-E/RT)

って式はご存じですか?
kは反応速度定数、Aは頻度因子、Eは活性化エネルギーを意味しています。

Tが10増えた時のkの値の変化や、別の反応=Eの値が違うという事など、いろいろ頭の中で想像して考えてみて下さい。

たぶんあなたの疑問はこの式で全て解決するような気がします。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する