ここから本文です

集塵(プラスチックの削り粉等)を目的とした小型ファンモータの選定で、 ファン...

discafesさん

2008/2/1718:42:50

集塵(プラスチックの削り粉等)を目的とした小型ファンモータの選定で、
ファンの「静圧」と「風量」の関係が良く理解できません。
吸引力がほしい場合、静圧と風量、どちらを重視するべきでしょうか・・・?

補足いま実際に悩んでいるのは、静圧が同じで風量が異なる
ファンがあり、この場合、風量値が大きいファンが集塵(吸引)に
適しているのか否か・・・といったことです。
静圧・・・ 0.47 / 0.47 (ファンA/ファンB)
風量・・・ 1.6 / 2.2 (ファンA/ファンB)

閲覧数:
2,216
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tribute_2x2さん

2008/2/1720:19:10

実際に使うときは、ファンが送り出す空気が流れにくくなっていると、ファンが空気を押し込むようになるので静圧が上がります。つまり、風量によって、吸い込み側と吹き出し側の圧力の差が広がっていきます(参考1)。

吸い込みも吹き出しも圧力が同じ(圧力差=静圧0)のとき、一番空気を送り出しやすいので、風量が最大になります。

モーターの力が限界になるほど吹き出し側の圧力を高くする(極端な話、ふさいでしまう)とき、空気は圧縮されるだけで全く送り出せなくなります(風量=0)。

そのため、実際に集塵をする場合には、削り粉を集めるメッシュや布に向かって風を吹きつけるため、その圧力での風量(流量=ろ過体積)を知ることが重要です。目詰まりしていくと、さらに圧力が高くなっていきますので、いつか空気を送り出せなくなり、フィルタを交換しなくてはならなくなります(参考2)。この点で比べれば、同じ目詰まり具合で処理できる体積が多いファンBのほうが多くなります。

とはいえ、この風量を実現するための消費電力にも注意しなければなりません。消費電力もファンA/ファンB=1.6/2.2のままならば良いのですが、ファンBのほうが2.2より大きくなってしまうならば、電力効率は悪いことになってしまいます。処理能力が決まっていて省エネよりも優先されるのか、消費電力をできるだけ抑えるために処理能力が小さくてもいいのか、という優先順位付けも必要です(参考3)。

なお、集塵が目的の場合、風量よりも集塵方法のほうが重要かもしれません。サイクロンに吹き込んで遠心力で管壁に粉を集めさせるなり、樹脂を帯電させて静電気(電極板)で吸着させるなどして、フィルターがつまりにくくするような装置を間に入れておくとメンテナンスの面でも省エネの面でも良いかもしれません(参考4)。

http://www.orientalmotor.co.jp/support/explain/search/fan/fu_01.htm...
http://www.style-ele.co.jp/seihin/seihintop.html
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&q=%E3%83%95%E3%82%A1%E...
http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&q=%E9%9B%86%E5%A1%B5+%...

質問した人からのコメント

2008/2/18 00:11:18

御教授ありがとうございました!集塵する粉が細かい事もありますが、サイクロンでの集塵ではなく、吸引側への紙パック設置を念頭に検討しています(排気側に設置した場合、ファン能力が足りないと吹き返しが出たので)が・・・素人にはなかなか難しいですね。もう少し勉強しつつ頑張ってみます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する