ここから本文です

解決済みのQ&A

特定労働者派遣事業の労働者派遣期間について

kenchang7676さん

特定労働者派遣事業の労働者派遣期間について

当社ではA社(メーカー)が同グループ会社のB社(特定労働者派遣業・A社にのみ派遣)から派遣労働者を受け入れ、
製造職と営業職で働かせています。
当然ながら、最高で三年までの派遣期間という制限を受けると思うのですが、先日社労使の先生に相談したところ、
三年で派遣労働者をB社に引き上げる必要はないと言われました。
しかし、根拠が全くわかりません。「大丈夫」の一点張りだったもので・・・。
また、B社ではパートタイム労働者も雇用し、A社に派遣しています。この場合も1年を超えて派遣してもいいのでしょうか?
問題がありそうな気が・・・。
誰か教えてください。宜しくお願い致します。

  • 質問日時:
    2008/3/13 18:11:57
  • 解決日時:
    2008/3/28 05:24:47
  • 閲覧数:
    2,425
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    250枚

ベストアンサーに選ばれた回答

the_bonnoさん

派遣労働者を受け入れる期間の制限のない業務は、

①専門等26業務
詳しくは↓
http://www.fujisawa-office.com/haken4.html
②有期プロジェクト業務
③産前産後休業代替業務
④派遣労働者を受け入れる期間に制限のない業務の実施に伴い、付随的に派遣労働者を受け入れる期間の制限のある業務を併せて行う業務

ですね。
単に製造業や営業だとすると派遣労働者を受け入れる期間に制限のある業務になりますから、よくわかりませんね。

労務士に聞きにくいのであれば、労働局需給調整事業部需給調整事業第2課に聞いてみてはどうですか?
会社の所在地の県の労働局のサイトに電話番号が載っているはずです。

これがわかりやすいですね。
http://www.roudoukyoku.go.jp/seido/haken/ippan/006.html

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

sanko105yenさん

「三年で派遣労働者をB社に引き上げる」
→こんな法律はどこにも存在しません。A社が勝手に決めたルールですし、何の法的根拠もありません。

但し、物の製造に関わる業務については最長3年までしか派遣労働者を受け入れることができません。
法律による3年の縛りはこれしかありません。
注意すべきは、この3年の上限が派遣労働者個人ではなく、その業務全体で3年までしか派遣労働者を
受け入れることができないということです。

つまり、派遣社員Aさんが1年、その後、派遣社員Bさんが2年その部署で働いたら、トータル3年ですから
もう誰もその部署には派遣労働者を受け入れることができないのです。
別の部署に異動してもらうか、従業員として受け入れるか、契約を打ち切るかしかありません。

「また、B社ではパートタイム労働者も雇用し、・・・この場合も1年を超えて派遣してもいいのでしょうか?」
→これも法的根拠は全くわかりませんね。
パートタイムなどの契約社員は、最長1年の雇用契約という制限はありますが、それはB社との契約であって
A社とは何の関係もありません。

xiv_14_temperanceさん

「部署」が変われば可能です
完全に同じ部署ではあなたの言うように期間制限を受けます
名目上の「係」「上司」等が変わる程度でほぼ同じ仕事に派遣されることは日常行われています
これが違法なのかどうか分かりませんが、今のところこのことで指摘された企業は無いと思います
但し、配属変更した部署をきちんと契約しなおさないと派遣法に間違いなく違反します
同じ契約書を継続させるだけでは危険です

  • 違反報告
  • 編集日時:2008/3/13 20:09:54
  • 回答日時:2008/3/13 20:08:29

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する