ここから本文です

郵便の配達の速さについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

champ8686さん

2008/3/2610:55:30

郵便の配達の速さについて

私は、頻繁にゆうパックや普通郵便を利用しますが、何であんなに速く届ける事が出来るのでしょうか?

不思議でたまりません。知っている方は、教えてください!

閲覧数:
3,165
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

siden1972さん

2008/3/2612:53:03

差し出した翌日には届く場合が多く、遅くても翌々日までには大半が届いている--という認識でよろしいですよね。(普通郵便だと休日配達がないので、1日余分にかかることがありますが)
私も「早い」し「速い」と思います。世間では「遅い」と感じる人も多いようですが、それは、あまり利用したことのない人の根拠のない印象といっていいと思います。

郵便物のいまのスピードで届くように改善された時期は、1982年前後からです。この時期、宅配便が台頭してきたことから、郵便も競争する必要が生じました。そのために、次の方法を取り入れ、広い範囲での翌日配達が可能になりました。

◆地域区分局方式の導入
県内の1カ所、広い県や人口の多い県では複数カ所に「地域区分局」を設定しました。県庁所在地の中央郵便局、あるいは、その他の大規模な集配郵便局が、地域区分局になっています。横浜集中局・名古屋集中局・新東京局のように、地域区分局とするために新設された局もあります。
その県から他府県あての郵便物は、夕刻に回収されたものでも当日中に地域区分局に届くように、県内の輸送態勢が見直されました。
地域区分局から他府県あての発送は、細かい送り先分類はしないで、地域の事情を知っている相手府県の地域区分局にまかせることにしました。
航空輸送される郵便物も、地域区分局から素早く発送されることから、あて先地へ早く届くようになりました。

◆夜間自動車輸送の拡充
地域区分局間の輸送(ある県から他府県あて)のために、夜間に高速道路を移動する大型自動車便を拡充しました。
地域区分局を深夜に出発して、他府県の地域区分局に早朝に着く便を増やすことにより、翌日配達できる割合が高くなっています。
郵便物の鉄道輸送は、郵政省独自のダイヤが組みにくく、時間もかかることから、大幅に縮小しました。

以上の方法を基本として、消印の機械作業の拡大、ポストから集める局の整理(広域化)、郵便番号の7けた化(差出人バーコード記載郵便物の料金割引)などを導入しながら、細かい部分でのスピードアップをはかりました。
郵便物の輸送ルートは、小規模な郵便局から他府県あてに書留郵便物(簡易書留以外)を差し出して、番号から追跡すると、中継地点の局名(支店名)と通過日時が記録され、インターネットで確認できます。
ただし郵便料金が1994年に値上げされたまま14年間据え置かれているので、委託先の運送会社への支払額が上げられないなどの問題もおきています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ts572rさん

2008/3/2611:42:47

自分で届けた方が速く届けられるので、むしろ遅いと思いますよ。
スピードだけを見ればね。
普通に考えてください。
車、飛行機を使えばその日の内に北海道だろうが沖縄だろうが行けるんですから。
ただコストがかかるので自分では届けられない。
どうして速く安く配送出来るの?と聞かれれば、大量に輸送してるからです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する