ここから本文です

無水エタノールと消毒用エタノールの違いを教えて下さい。

質問者

wirry1978さん

2008/3/3021:11:38

無水エタノールと消毒用エタノールの違いを教えて下さい。

閲覧数:
89,433
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

venyukiwhiteさん

編集あり2008/3/3021:41:58

濃度の違いです。
日本薬局方で規定されています。

無水エタノール(別名:無水アルコール)
15℃でエタノールを99.5v/v%以上含む。消毒効果はほとんどないが、肝癌治療に応用されている。
この他、精密機械の洗浄などに使う例もあるようです。
(確かに製造段階でベンゼンは使用しますが、製品となった無水エタノールには
ベンゼンは含まれていませんので、これを薄めて消毒用エタノールとして使用可能です)

エタノール(別名:アルコール)
15℃でエタノールを95.1〜95.6v/v%含む。
消毒用エタノール(別名:消毒用アルコール)
15℃でエタノールを76.9〜81.4v/v%含む。一般的な医療用消毒剤。

消毒用エタノールはその濃度にして薬局で販売されてもいますが、
比重計を用いて無水エタノールやエタノールから作ることも出来ます。
(つまり、成分は同じです。)

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

chikurin_anさん

2008/3/3021:40:17

単に濃度の違いです。

アルコールは用途や濃度により↓のように分類されています。

http://www.atol-com.co.jp/mp/di/pdf/04_05/mametisiki/32-33.pdf

濃度99.5%以上のものを無水アルコールとしています。

わざわざ「消毒用」という分類があるのは、消毒用には濃度が高ければいいかというとそうではなく、80%程度が一番効果が高いためです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

itoseiuさん

2008/3/3021:28:51

消毒用エタノールはエタノール含量約80%の水溶液です。詳しい規定は薬局方を参照してください。無水エタノールは水を含まないエタノールです。試薬として市販されている高純度(99.5%)のエタノールは水を除くためにベンゼン(発癌性がある)を使用しているため人体には使用できません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

at20051107さん

2008/3/3021:19:22

無水エタノールは、エタノール濃度が99.5%以上含有する物です。(エタノール(C2H6O)99.5vol%以上を含有)。
消毒用エタノールは、エタノール(C2H6O)76.9-81.4vol%を含有するもので、そのまま消毒用として使用できます。

通常は、無水エタノールをエタノール(C2H6O)76.9-81.4vol%ぐらいまで精製水で薄めて「消毒用エタノール」として使用します。
つまり、消毒用は無水エタノールを薄めたものであり、消毒用はそのまま使用できるということになります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する