ここから本文です

ラウンドアップ(除草剤)の効果的な散布方法を教えて下さい。 気候や、時期、撒き...

質問者

mukaikeita16さん

2008/5/2208:28:03

ラウンドアップ(除草剤)の効果的な散布方法を教えて下さい。
気候や、時期、撒き方にコツはありますか?

閲覧数:
42,005
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hwrjt035さん

2008/5/2208:45:22

植物の茎葉から吸収され、茎葉はもちろん、根まで薬剤成分が移行して植物丸ごと枯らすことができる除草剤です。
薬剤の吸収量を確保するため植物体が少し大きくなったとき散布するのが良い方法です。
しかし、生長しきった時期より生長途中が良いです。
天候は散布後、1日くらいは降雨がない方が良いですし、風が無い時が他への飛散が無くて良いです。
散布量は植物体全体に薬剤が付着し、余分な薬剤が地面に落下しない程度を目安にしてください。
雑草の種類により有効な希釈倍率が異なりますのでご注意下さい。
詳しくは農薬の容器に使用方法が書かれていますので、よく読んでお使い下さい。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sakataka20さん

2008/5/2209:24:11

私の経験から天候は晴天より曇りの日が良いですね、勿論雨降り前は避けましょう。
早く蒸発してしまうから、じっくり葉に浸透させましょう。

雑草が、ほぼ一面に生え揃い、大きく活発に生育している時期に使用しています。
(一般雑草では、草丈10~50cm位)。

多年生雑草を地下部まで完全に枯らし、根絶させるには、雑草の種類により、
正しい散布時期があるので、それに従って使用します。

ラウンドアップは「雑草の葉から入って根まで枯らす」茎葉吸収移行型除草剤です。
また、「土壌にふれると、直ちに効果がなくなります」従って、雑草が生え揃って、
大きく生育した緑色の葉や茎に散布して枯らします。

※まだ、雑草が発生・生育していない土壌面へ散布しても、全く効果がありません。
※頑固な地下部(根茎や塊茎など)を持つ多年生雑草を根絶するには、
適切な散布時期があります。
多年生雑草の茎葉が大きく生長し、地上部の茎葉で合成した養分を活発に地下部の根に運んでいる時期、
即ち「生育の最盛期から、開花期及びその後の生育期」が散布適期となります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

smileone252さん

2008/5/2208:50:04

うちでは霧吹きに入れて説明分の倍率に希釈して(状況次第で濃い目にしたり)シュッシュと散布してます。
春や秋の天気の良い日が効果的です。季節に関係なく天気が良いとスプレーします。
スギナなどは見つけたらすぐに散布してます。一旦枯れますが、マメに蒔いてもまだ根絶してません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2008/5/2208:47:05

効果のある散布方法ですが、
1、出来れば、当日は雨が降らない予報となっている日の午前中に散布するのが望ましいです。

2、噴霧器のノズルは霧状のものを使用すると風に飛ばされて、草花や野菜苗にかかることがあります。
ラウンドアップ用の泡ノズルが販売されていますので、これを使用されると、除草目的の雑草だけにかけることができ、除草剤も大幅に節約出来ます。
散布面積が少なく、噴霧器や泡ノズルを購入するための投資がもったいないと思われる場合は、ジョロで散布することも出来ます。いずれにしても散布後の器具はよく水洗いして、次に使用する時に除草剤の影響が出ないよう注意して下さい。

3、除草剤を散布したら葉が赤く変色するまでの10日間くらいは葉を刈り取ったりしないで、そのままにしておく。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する