ここから本文です

夏目漱石の「坊ちゃん」の あらすじを 20×20の400字 3枚以上ぐらい・・・。 教...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

y_mari_3さん

2008/8/3114:53:13

夏目漱石の「坊ちゃん」の あらすじを
20×20の400字 3枚以上ぐらい・・・。

教えて下さい!!

閲覧数:
7,817
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rot_2349さん

2008/8/3115:05:01

坊っちゃんは両親と死別後、清とも離れ、四国の旧制中学校に数学の教師として赴任する。着任早々、校長には狸、教頭には赤シャツ、画学の教師には野だいこ、英語の教師にはうらなり、数学の主任教師には山嵐と、それぞれにあだ名を付けた。

坊っちゃんは授業の時に生徒達から、てんぷらそばを四杯食べた件等の私事について執拗に冷やかされる。また初めての宿直の夜には、寄宿生達から蒲団の中に大量のバッタ(厳密にはイナゴ)を入れられる等の嫌がらせを受け、激怒して、何としても犯人を突き止めようとしたため、大事になってしまう。

坊っちゃんは赤シャツとその腰巾着である野だいこから、生徒による嫌がらせは山嵐の扇動によるものであると婉曲的に吹き込まれ、一時は真に受けてしまう。しかし後日の職員会議において、先の寄宿生の不祥事に坊っちゃんが毅然とした措置を主張したところ、狸をはじめとする事なかれ主義の職員達は取り合ってくれなかったのに対し、山嵐だけが坊っちゃんを支持してくれた。お互いに対する誤解は解けていき、坊っちゃんと山嵐とは、かえって強い友情で結ばれるようになる。

うらなりにはマドンナとあだ名される婚約者がいたが、赤シャツがマドンナへの横恋慕から、お人好しのうらなりを体良く延岡に左遷したという事実を知り、坊っちゃんは義憤にかられる。実は山嵐も、赤シャツの横恋慕を糾弾したため、逆恨みされていたのであった。

日露戦争の祝勝会の日に、坊っちゃんと山嵐は赤シャツの謀略により、中学校と師範学校の生徒同士の乱闘騒ぎに巻き込まれた上、いわれ無き生徒扇動の罪を着せられ、山嵐が辞職に追い込まれる。卑劣な仕打ちに憤激した坊っちゃんと山嵐は、赤シャツと野だいこの不祥事を暴くための監視を始め、ついに芸者遊び帰りの赤シャツと野だいこを取り押さえる。そして芸者遊びについて詰問するも、しらを切られたため、業を煮やし、激しく暴行を加えた。

即刻辞職した坊っちゃんは、帰郷後、街鉄(現在の都電)の技手となって、再び、清と同居生活を始めるが、清が亡くなり、遺言通り小日向の養源寺に葬った事を記して、『坊っちゃん』の物語は幕を閉じる。


これくらいでどうですか。

質問した人からのコメント

2008/8/31 15:07:04

成功 すいません!
ありがとう ございました

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

2008/8/3114:54:11

自分で読みなさい。
夏休みの宿題に書くんでしょ?

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する