ここから本文です

解決済みのQ&A

鉛バッテリーの5時間率と20時間率について教えてください。 現在使用しているバッ...

tele_noriさん

鉛バッテリーの5時間率と20時間率について教えてください。

現在使用しているバッテリーが46B24L 35AH(5時間率)です。

バッテリーが寿命のようなので、新しくしようと思っています。
候補に挙がっているのが55B24L 45AH(20時間率)です。

もともとのバッテリーが5時間率で書かれているのに対し、
新しい物は20時間率で書かれているので、いまいちその実性能の比が分かりません。

どなたか分かる方、教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

  • 質問日時:
    2008/12/8 11:48:10
  • 解決日時:
    2008/12/9 09:15:36
  • 閲覧数:
    19,449
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

santomi31033888さん

JISとDINの規格の違い。
日本とドイツの違い。

どちらも放電終止電圧に達する時間を決め、何A流せるかって計算上の数値です。
ですから、35AHが5時間率でも20時間率でも同じ容量を示します。
5時間率・・・35/5(A)の電流を5時間流すと、放電終止電圧(10.5V)に達する。
20時間率・・・35/20(A)の電流を20時間流すと、放電終止電圧(10.5V)に達する。

大きな電流を短時間に流すか、小さな電流を長時間流すかの違いですね。
ただ、大きな電流を短時間流すほうがバッテリーにとっては苦痛です。
ですから5時間率容量のほうが厳しい試験になります。

で、ご質問のように規格と容量の違いがありますから正確に比較することは難しいです。
単純に考えると45AHのほうが容量が大きいですがね。

質問した人からのお礼

  • ありがとうございました。
    この件に限らず、色々な規格というか、テスト方法を世界的に統一してくれると、
    ユーザーとしては分かりやすいのに、と思う今日この頃です。
    まぁ、なかなか難しいのかもしれませんが。
  • コメント日時:2008/12/9 09:15:36

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

suba_flat_4_bg_5さん

バッテリーの容量
バッテリーの容量とは、完全充電されたバッテリーの端子電圧が所定の放電終止電圧になるまで放電する間に取り出すことの出来る電気量で決められています。バッテリーの容量を示すとき、放電率または放電電流を明示する必要がある。放電率は放電電流の大きさを示すもので、バッテリーの容量は取り出す電流の大きさによって大きく変わるためです。
5時間率容量
日本の自動車用バッテリーでは5時間率容量が使われている。これは完全に充電したバッテリーを電解液温度25±2℃に保持し、5時間率容量の1/5の一定電流(5時間率電流)で電圧が10.5Vに降下するまで放電したときの容量である。
容量=放電電流×放電終止電圧までの放電時間
Ah=A×h

たとえば、12V120アンペア・アワー(Ah)のバッテリーは24A(=120Ah÷5h)の電流で放電し、電圧が10.5Vに降下するまで行う。その放電時間(h)と放電電流(Ah)の積を容量(Ah)と称し、この場合の容量を5時間率容量(Ah/5HR)といい(定格容量ともいう)放電を打ち切る電圧を放電終止電圧という。
20時間率はDIN(ドイツ標準規格です)

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する