ここから本文です

ピクサー映画、「Mr.インクレディブル」のエンドロールを見たことがある方へ

rand9dionさん

2008/12/1500:17:18

ピクサー映画、「Mr.インクレディブル」のエンドロールを見たことがある方へ

ピクサー映画、「Mr.インクレディブル」のエンドロールを見たことがある方にお伺いしたいのですが、
あのような、なんというか、登場キャラクターや、背景の特徴などを、影絵のようにデフォルメしたアニメーションの技法には、名前があるのですか?

私の記憶では、洋画の「キャッチミーイフユーキャン(Catch me if you can)」のDVDスタートメニューかどこかでも、そのような画だったと思います。

うまく説明できなくて申し訳ないのですが、ご存知のかたいらっしゃいましたらぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
1,041
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2008/12/1711:20:41

わたしも別に名前はないと思いますが。とてもよくデザインされたアニメーションである、ってだけだと思います。
インクレディぶるのコンセプトデザインなんかもみると、あれと結構似たスタイルがあったので、多分、そういうところから派生したエンドロールなんじゃないんでしょうか?


あ、それからhandsamv9さん。
アメリカとかだと、アニメとアートアニメを区別するというよりは、アートの中にアニメがある、見たいな感じですよ。
実際ディズニーだとかピクサーなんかのアニメーション技法を本気で学んでるような学科はたいてい芸術学部や美大にあります(専門学校よりも、一般大学に多いですアニメーション学科は)。
だからアニメーションはすべてアート。なんていうのはどうでしょう?

でも、わたしも、このアニメはアートでこれはそうじゃない。とかくべつするのはいやですね。。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

handsamv9さん

編集あり2008/12/1817:24:03

特に名前は無いと思います。海外などでは「シルエット(silhouette)」と
呼ばれてるらしいです(とはいえ、後述するライニガーぐらいなんですが)。

影絵アニメーション(そのままですね)はそのまま2Dアニメ(いわゆる、日本の
TVアニメのような紙に描いた絵を動かす技法)の延長線上でしかないので
特別な名前は付いてないと思います。

ちなみに影絵を使ったアニメーションより先に、影絵そのものの映像作品があります。
日本では藤城清治さんが第一人者ですね。
妖精の美しい影絵が動くのを観たことがあるかもしれません。
ケロヨンの作者…と言っても今じゃ通じませんかね(苦笑

http://columbia.jp/fujishiro/

藤城さんの公式HP
http://www.seiji-fujishiro.com/nn4/index.html

影絵アニメと言えば、第1人者と言って良いロッテ・ライニガー。

http://forest.kinokuniya.co.jp/ItemIntro/89211/anM

後はミシェル・オスロの「プリンス&プリンセス」。

http://www.ghibli-museum.jp/library/list/004805.html

以下は余談。
ライニガーの作品が全部DVDで観られる、という幸福を甘受できるのも、アートアニメ(笑)を
もてはやす、芸術大好きオサレさん達のお陰なのですが、アニメはアニメで良いじゃんとしか
思わない私は、アートとかいってアニメを区別する連中が好きになれません。

追記:絵を動かす=アートってことなんでしょうね。それは理解できます。
だけど、それを言うなら日本で独自進化を遂げたセル画アニメ(セルを使ってないのは
知った上で書きます)も評価しろ、と思うわけです。
ウォーホルの「大いなる皮肉」ぐらい理解しろとまでは言いませんが、今更、商業主義を
全否定するのもね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。