ここから本文です

ダウン症の検査について

ivu_ruiruiさん

2009/2/416:54:30

ダウン症の検査について

初めての質問ですが宜しくお願いします。
少し長いかもですが、宜しければご協力下さい。
私は21歳です。
先日子宝に恵まれ、現在妊娠4ヶ月になります。
年末にインフルエンザにかかり、5日程高熱が続き、いろいろと不安になり年明けに病院へ行きました。
旦那に、ダウン症の可能性とか検査もついでに聞いてってゆってました。
先生が「母親が長期で高熱が出てしまった場合、今の時期(妊娠2~3ヶ月)
だと、異常のあった子は流産で死んでしまいます。高熱が終わり、出血など今までないのであれば
大丈夫ですよ」と言ってくれました。
「ダウン症は関係ありますか?検査があるのですか?」と聞くと
「ダウン症は高熱とかではなく、染色体の異常により起こります。高齢出産の方は少し心配かもしれませんが、
あなたの年代であれば、まず大丈夫ですよ。検査はありますが、」保険が使えないので
実費になります。それに、確実なものではなく、可能性が高いか低いかが解るだけなので
出産を希望しているのであれば、しなくてもいいと思いますよ」と言ってくれました。
そのことを旦那に説明すると「でも、兄貴の嫁のいとこが23歳で出産したけど、ダウン症で産まれてきたから
検査した方がいいやろ、一概に年齢が若ければ可能性がないわけではないし」と言われました。
「ダウン症の検査してどうするん?もし可能性が高かったらおろすん?」と聞くと
「おろさな生活やってけんやろ、つきっきりで面倒みないかんくなるやん、普通の事が普通にできんのは
可哀想やし。お金出すから検査しなよ」と・・・私は怒りました。同時にショックでした。
「ダウン症のこと詳しく調べた?そんな考え方最低。てか可能性は検査してもゼロとも100とも言われんし
意味無くない?つか、そんなんでおろすとかゆーなら子供いるとかゆうなよ、一生無理やん!」と言いました。
すると「めんどいから調べん、調べたってお前が検査したくないってゆうなら意味ないし」だそうです。
私の親はしなくていいといいます。私のことより子供のことより一番に自分の生活を考えているような感じ
がします。どうやって説得すればいいですか?こんなこと言う最低な男ですが、ショックも受けたし傷ついたけど
好きなのはかわりません。相手の両親も検査を希望しています。
素直に受けるのがいいのでしょうか・・・
この件に関して意見をゆって下さる方がいらっしゃれば光栄です。
一人で病んでいます。

閲覧数:
26,405
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

parsley2110さん

2009/2/514:37:10

つい先々週、羊水検査を受けてきた者です。4ヶ月目とのこと、羊水検査を受けることのできる期限も迫っているでしょうから、ご判断の参考になれば。

私は39才で第二子出産の予定です。39才だと100人の赤ちゃんに一人はダウン症(21番染色体トリソミー)ですので、血液検査(クワトロテスト)はせずに、確定診断である羊水検査を受けました。
たまたま身近に養護学校勤務者や知的障害児の作業所に勤務する者がおり、かなり具体的な話(どういう生活になるか)を聞いていたことと、障害のある子が産まれた場合私の現在の勤務は継続不可能になること、勤務をやめると1000万円に近い奨学金の返済を迫られるという少々特殊な事情もあり、羊水検査は予定の内でした。

主人は最初あまり関心がありませんでしたが、同僚の奥様(33才)にダウン症の第二子が産まれてからは、自分の問題として考えるようになってくれたと感じます。検査にも、結果の告知にも私と一緒に同行してます。

21才というご年齢だと受け入れにくいかもしれませんが、「子どもの愛しさや、倫理的問題」と「生活を成り立たせる経済、環境要因」は別のものです。子に異常があった場合に子を受け入れられるかどうかはその家庭ごとの経済状況によっても違ってきます。旦那様は貴方の家庭においては、メインの所得者、つまり大黒柱ですか? (今はそうでなくても出産後はそうなりますよね?) お書きになっている旦那様の発言は、その自覚がなせるゆえでは? (私も家計の半分を担ってますので、家計に重責を負うご主人の気持ちが少し分かります。)

それに、子がダウン症と承知で産んだ場合、夫婦だけでなく家族のメンバー皆に負担をかけることも考える必要があります。親である私たちは承知の上で産んで育てるのですから問題ないにしても、まず間違いなく先に死にますので、後はその子の面倒を兄弟に託すことになります。私はできることなら娘(4才)にその負担を押し付けるリスクは避けたいのです。(もちろん、ダウン症の子とともに暮らすことによって得られる幸福もあることは承知しています。)

例えば、米国では、全ての妊婦に血液検査、羊水検査の情報が産科医より知らされ、その上で「検査を受ける/受けない」、結果が「異常あり」だった場合に「産む/産まない」は妊婦だけではなく夫婦2人の選択に任されます。(そういう検査があることを妊婦に教えないという日本産婦人科学会の方針は非常に問題あり、と私は思っています。私たち日本人の妊婦は知る権利、選ぶ権利を奪われているに等しいのですから。)ただし、米国では、子がダウン症であった場合のフォローも徹底しています。あらゆる福祉やNPOによるヘルプの情報が提供され、その上で夫婦は「産む/産まない」の選択を行うことができます。ハンディキャップに対するバックアップの体制が、日本とは大きく違うのです。今の日本は障害者福祉だけでなく、一般の医療福祉ですら一方的に削減の対象になっており、この傾向は今後そんなに変わるとは私には思えません。そういう事も考えあわせて我が家の方針を決めました。

産まれてくる子は貴方だけの子ではありません。ご主人の子でもあり、家族皆の子(これから産まれるであろう次の子も含めて)です。そして旦那様のご両親は、貴方のご両親よりはダウン症の家族のことを身近に知っているために、子であるあなた方夫婦に余計な苦労を味合わせたくない気持ちから検査を薦めているのだと思います。ご自分の正義だけでなく、いろんな人の気持ちにも思いをはせ、自分とは違う考えを聞いてみてはいかがでしょうか。それを知った上で、さらに日本におけるダウン症者をとりまく状況(福祉体制、学校の問題、就労の問題、支給される補助金の額、親の体験談など)をお調べになった上で、貴方が預かっているであろう家計の額とも考え合わせて、検査を受けるか受けないか、もしダウン症だった場合、どういう選択をするか、旦那様と話しあって決めるのが良いでしょう。

私は第一子(34才)出産の時は、確率が300分の1だったので、羊水検査は受けず血液検査のみ受けました。(羊水検査による流産は300分の1と書物に書いてあったので。)でも、確定診断ではなかったので、出産直前まで「確率がゼロではない」という不安を抱えていました。今回の年齢では迷うことなく羊水検査でした。実際に医師に聞いてみたところ、今ではどこも技術が向上しているので、検査による流産はほとんど起こらなくなったそうです。(ちなみに費用は7〜15万程度。病院によって異なる。)

一つ事実を。ダウン症を含むトリソミーに遺伝は影響しません。ですので、旦那様のお身内にダウン症者がいても大丈夫、問題ありません。ただ妊婦の年齢だけが関係します。21才だと1500人に一人は現実に産まれますので、「若いから絶対に大丈夫」とは言えません。

質問した人からのコメント

2009/2/9 12:26:38

みなさんありがとうございました。
話し合いの末、検査をしたところで100%の保証はないということで納得したらしく、今のところは受けないとのことです。でもみなさんの意見を聞いて検査の大切さも知りました、もう一度後悔のないように話をしたいです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2009/2/800:08:56

21歳妊娠32週の妊婦です!私もベイビーのパパから羊水検査をしてほしいと言われました!すでに3歳の子がいるので次の子に何かあったら、生活事態大変になるのは目に見えてました…医師に相談し、始めに確率のみ解る血液検査をしました。40分の1でした。かなり悪く、羊水検査[確定検査]をしました。かなり痛く、男は簡単に検査してくれって言うけど痛くも痒くもないから言えるんだ!とキレそうになりましたが、染色体異常がなかったので、とりあえず良しとしました…私が行ってる病院では金額も20では足りなかったです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

umechin55さん

2009/2/418:59:25

こんにちは。
先天性心疾患で、自閉症の男の子を育てている母親です。


ちなみに、以下のような検査があります。

クアトロテスト…ダウン症(21トリソミー)・開放性神経管奇形(開放性二分脊椎・無脳症)・18トリソミーの確率が出ます。
クアトロで高い確率が出たら、以下の検査を受けて調べることもあります。
羊水検査…子宮に針を刺して羊水を抜き取って検査します。ただし、これが原因での流産、子供への障害が発生する可能性はゼロではありません。
Gバンド法という検査法で先天性染色体異常は分かります。
FISH法も組み合わせれば、さらに詳しく分かります。

ただし、これでも出生前に判明する障害はごく一部。主に染色体異常による障害や病気くらいですね。
私の息子が抱えている心疾患や自閉症は、生まれてみないと分かりません。この世の中には、それはそれはたくさんの障害や先天性疾患がありますが、そのほとんどはこれらの検査では分かりません。

検査をするということは、「胎児へのリスクがゼロではない」ということをお伝えください。
もし、検査をしたことによって「万が一」のことがあった場合のことも、シッカリと話し合ってくださいね。
また、確率が0か100かで出るわけではありません。その「数字」をどんな風に捉えるのかということも、ご相談なさってください。
「1%」でも確率があれば、ご主人やご主人のご家族は中絶を勧めるのかということ。
また、限りなくゼロに近い数字であっても、ゼロではないですから障害のある子が生まれる可能性があります。それならどうするのか。

ご主人やご主人のご家族を「納得」させるために、検査を受けるという方法もあります。
妊娠中に喧嘩をするのは精神衛生上よろしくありませんから。
もしくは、産婦人科にご主人を連れて行って、お医者様から実際に検査のことを説明していただきましょう。リスクのことも全て込みでです。

それとね。
障害児を抱えての生活は………決して不幸ではありませんが、何かと「大変」ではありますよ。
金銭的なこともありますが、何より「精神的」「体力的」な部分がとにかく大変なんです。
よく「あなただったら育てられるって、神様に選ばれたのよ」と励ましてくれる方がいますが、そんな夢みたいな甘っちょろいモンじゃありません。
非常(非情とも言う)にシビアな世界です。
ですから、ご主人の心配も、私には分からないでもありません。…と、障害児を授かったからこそ「そういう考えもあるな」と思えるわけですが。
あ、誤解のないように申し上げますが、私は自閉症の息子がカワイイですよ。
そして、私たち家族は「何かと『大変』ではあるけれど、『不幸』だと思ったことはない」ということだけは、自信を持ってお伝えします。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

nobuko932001さん

2009/2/418:28:50

ご心配ですね。お気持ちお察しします。
参考になるかわかりませんが、お話しますね。

私の姉は26歳にて第2子出産 女児ダウン症。
私の友人 25歳で第1子出産 女児ダウン症でした。
高齢出産でのリスクは高くなりますが、染色体の数がひとつ違うだけでダウン症になります。

あるドクターが言いました。「ダウンの子はね。親を選んで生まれてくるんだよ。ああ!この親ならば私を育ててくれる安心していられると思ってね。」
それを聞いた姉は涙がとまりませんでした。姉の場合、流産の可能性があり 投薬治療を受けながら大事に十月十日お腹でそだてたのです。障害(あまりいい言葉ではないですが)のある子は、流れる可能性は高いそうです。姉の心中は複雑だったろうと思います。

ダウンちゃんは音楽が好きでソフトな性格でかわいく、ほぼ自立した生活を送れます。歩みはゆっくりですけどね。

友人の場合、第一子がダウンだったので不安になり、第二子妊娠の際には、羊水検査を受けています。おなかの赤ちゃんにあたらないようにエコーを見ながら慎重にハリをさして調べるそうです。大丈夫といわれ安心して周産期を過ごし、元気な男の子を出産しました。その後も子宝に恵まれ、4人兄弟のママになっています。第三子、第四子は検査は受けていません。でん!と構えて過ごしていました。母強しという感じでしたよ。

あなたにとっても、お子さんにとっても精神的に落ち着いて穏やかに出産を迎えたいですね。おなかの赤ちゃんは心配しながら様子を聞いている事でしょう。周産期はママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても、とてもとても重要なのです。

それから中絶は母体にリスクを残し、不妊の原因になることもお忘れなく。

小さな花も小さな虫も、どの子もみんな同じ大切な命だと思いますよ。

ご夫婦ご家族よく話し合って(冷静にね)、生まれてくるのを待ってるよとお腹の赤ちゃんに言えるといいですね。

お大事になさってください。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

anpanpopopoさん

2009/2/418:00:59

確かに知り合いにも23歳で出産してダウン症の子はいます。

でも私も基本的にはあなたと同じ考えで検査の必要はないと思います。

また病院でもよほど近親者にいたりしなければ検査は勧めてきません。

たとえば従兄弟さんのお子さんがダウン症との事ですがそれは旦那さん側の家計の血筋で多い可能性があるのでしょうか?
もしくは従兄弟のパートーナー側にダウン症の人がいるのでしょうか?
また旦那さんはそういった血筋のことで心配して検査を勧めてきてるのか?も確認したほうがいいと思います。

もし無知でただ高熱が出たからというだけで検査を勧めているならおかしな話です。
妊娠中に高熱を出すなんてことは結構あるものです。

私は3人目を妊娠してますがどの妊娠中も一度は風邪を引いて高熱を出しています。

また検査ですが母体には負担がかかるはずです。
羊水を注射か何かで取って検査するんじゃなかったかな?
そういった面も知っていないのでしょうからお話したほうがいいと思います。

また障害はダウン症にはかぎりません。
最近は軽度発達障害の子なんてクラスに数人はいます。
知的な遅れがなかったりもするので3歳・小学生とかになるまで分からない場合もあります。
また自閉症なども産まれてきてみないと分からないです。

あなたの言う通り旦那さんのような考えであれば子供なんて作るべきではないって事になります。

喧嘩になるぐらいなら受けてもいいとは思いますが検査が実は大変で負担があることを知れば考えは変わるかもしれないです。
私も検査について詳しく分からないですが調べてみてはどうでしょうか?
またご主人を一緒に一度病院へ連れて行って一緒に説明を受けるなどしてみてはどうでしょうか。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2009/2/417:53:34

せっかくインターネットがあるので ダウン症について調べてください。 インターネットにのっていない部分で 私の知っている、身近な情報として、 ダウン症にも、軽い、重いとありますが。 軽い場合は、日常の生活を続けていけるのですが。。 これが重い場合、あなたの一生をその子のために、ささげると考えてください。 近所の子でゴミを集める清掃車など、ずっと走っておけっ懸けたり、しています。叫びながら、 養護学校に、家族の方が、もう10年以上、送り迎えをしております。 本当に、大変だなとおみます。 このコメントは、 下ろすことを進めているわけではありません。 ある新聞の記事で、障害で生まれた自分の子を二人産んだ夫婦の記事がありました。。 しかし、 彼らは、その障害と一緒に生きていこうと決めました。 やはり、ほかの健常児より、障害を持っていても自分の子がかわいいと書かれていました。 つたない文章でしたが。

つまり、どちらを選択するのもあなた次第だということです。 過去は変えられない、しかし、未来は変えられる。過去と未来の分岐点は、今である。 という言葉があるように、未来は、あなたが決めなければなりませんね・

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する