ここから本文です

コピー機のカウンター料

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

swin221さん

2009/2/1911:07:41

コピー機のカウンター料

事務所で使用しているコピー機ですが
毎月業者が来てカウンター料を請求します。
この仕組みがイマイチよく分からないのですが
カウンター料って払わないといけないもの
なのでしょうか?

閲覧数:
16,153
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

afrofunkrockさん

編集あり2009/2/1915:37:18

まず、カウンター料金を払わなければならないものかという質問に対してですが
そういう契約(カウンター料金を払う保守契約)を結んでいる場合には
払う必要があります。

しかし、それは必須では無く、契約を結ばずに運用することももちろん可能です。
自前でトナーを購入し使うことが出来ます。

ではなぜこの形態(カウンター料金を払う形態)が一般的なのかというと
カウンター料金を払うことによって、万全の保守サービスが提供されるからです。

カウンター料金の内訳の主な内容としては・・・

①トナー代(別料金の形態もあります) ②定期メンテナンス代
③トラブル時の出張対応 ④消耗部品の交換

以上のようなものとなっています。


本来、コピー機は他の事務機と同じく購入後はユーザー側でお守りすることとなります。
しかしながら、コピー機はどこの会社にも必ずあるほど非常に重要な機器であるため、
出来る限り故障しないことを求められ、かつ故障時には迅速な復旧が望まれます。

そこで、保守がほぼ必須となるのですが、コピー機メーカーには頭のいい人がいて、
保守料金をコピーした枚数分×1枚当たりの単価で算出するといったビジネスモデルが
つくられました。これは理論的にも非常にうまいサービスとなっています。

※現在、何枚までは定額で、それ以降はプリント1枚当たりいくらいう形が一般的です

コピー機は機械なので、プリント枚数が多ければ多いほどトラブルが起こる可能性が
高くなります。会社によっては同じ型式のコピー機でも月間、年間でプリントする枚数に
天と地ほどの差が出ます。プリント枚数が多ければ多いほど、故障率は上がります。

それなのに保守費用が共通の金額だと、プリントを多く取るコピー機のほうが
対応回数、出動回数が増えてしまうばかりで、保守している側にはデメリットにしか
なりません。

しかし、カウンター料金にすればプリント枚数分だけ料金を取ることが出来、
たくさんプリントして対応・出動が頻発した場合でも徴収する保守料金(=カウンター料金)
はそれに見合っているため、保守する側は動き損がなくなります。


現在コピーの保守はカウンター料金をもらって行うことが非常に一般化しており
ユーザ側も「コピー機を使う場合はカウンター料金をはらうものだ」という認識が
根付いている為、どこの会社もカウンター料金を払っているのです。


質問者さんが、上記のようなカウンター料金を払うだけできっちりコピー機のお守りを
してもらえることにメリットを感じられるのであればいいのですが、そうでない場合には
契約を解除して、トナーを買って自前でお守りをすればコストは抑えられます。
(故障したときには大変ですが)

以上、長くなりましたがカウンター料金についての説明とさせて頂きます。


付加的な話ですが、コピー機に関してはリースであろうと買取であろうと保守サービスは
全く別の話です。コピー機自体につけるものですのでリースにしたからカウンター料金を
払うことになるということはありません。リースは単なるコピー機自体の入手手段です。

質問した人からのコメント

2009/2/26 08:24:38

皆様ありがとうございました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜3件/3件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2009/2/1911:26:48

コピー機本体リース契約ですと、カウンター料は別請求という所が多いですね。
カウンター基本料で一定以上を使うと加算される契約や、使った分のみの契約と様々です。
業種に応じて、また企業によって、使用頻度も違いますから、いかに経費を抑えるかで購入の際はよく検討すべき点でもあります。カウンター料を払いたくないのであれば、買い取るしかないのが現状です。
コピー機本体のリース料が安くてもカウンター料が高かったり、その逆もあります。
コピー機のトータル維持費は他にトナー代や保守料なんかもかかりますが、その分壊れたり、調子が悪い等があるとリースの場合はすぐ駆けつけてくれますし、余程の事がない限りは無料です。
買い取りになると、修理費は別でこれがまた結構な金額がかかります。
総合的な金額を比較してどちらが安いかを比較しても、頻繁にコピー機を使う企業はリースの方がお得なようです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

jinjikanribuさん

2009/2/1911:17:20

いわゆる「ランニングコスト」です。
コピー機のマーカーはどちらでしょうか。
メーカーによりますがカウンター料金を徴収しない契約を締結することも可能です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2009/2/1911:14:49

その「カウンター料」ってのが、カウンターの数字のことなのかカウンターの物理的代金(リース料)なのか数字を読む手間賃なのか文面からは解りませんが、そーいう契約ならば払わなくてはいけません
ちゃんと契約書読んでください

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する