ここから本文です

解決済みのQ&A

西暦630年、イスラム教開祖ムハンマドは多神教の神殿だったカーバ神殿の石像を破壊...

kfjst762さん

西暦630年、イスラム教開祖ムハンマドは多神教の神殿だったカーバ神殿の石像を破壊しました。

現在イスラム教過激派と呼ばれる組織が他宗教に対し非寛容の立場で人的攻撃、
物的攻撃をしています。(タリバンがアフガニスタンで仏像を破壊したのはほんの一例です)
それに対し、イスラム穏健派やその他知識人は「イスラム教とは本来そのような教えではなく、イスラム過激派たちは本来の教えをねじ曲げている」と非難しています。しかし多神教のカーバ神殿を破壊を破壊したムハンマドの姿を考えれば
イスラム穏健派やその他知識人の言い分よりもイスラム過激派の行動のほうが「イスラムの本来の教えに素直に従っている」ように見えるのです。
何らかのウルトラCのような解釈がありその解釈に基づきイスラム穏健派、その他の知識人たちはイスラム過激派を非難しているのでしょうか。
(中央公論社のコーランも何度か読みました。弱者にいたわるようになどと言った記述も目にしていますが、それほど他者に寛容な教えにも思えませんでした。)

  • 質問日時:
    2009/4/12 19:39:29
  • 解決日時:
    2009/4/18 18:03:49
  • 閲覧数:
    730
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

na_cochiさん

ムハンマドがカーバ神殿の像を破壊したのは、偶像崇拝の対象であったために破壊しました。
偶像を破壊しても、何の神罰も無いことを証明してみせたのです。
ここで重要なのは、偶像崇拝の像だったということで、単なる像ではないという事です。
タリバンの破壊したバーミヤンの遺跡は、遺跡であって、偶像崇拝の対象ではないということから、タリバンの行為は、蛮行とされます。
当時の遺跡周辺には、遺跡を神と崇める人達はいなくなっていました。
バーミヤンの石像は、歴史的遺産であり、偶像ではありませんでしたから、過去のイスラム王朝も破壊の対象としなかったのです。

質問した人からのお礼

  • 感謝よくわかりました。na_cochiさん自身の考えでないことも承知してますが、
    「過去の遺物を破壊することよりも、現役の偶像を破壊することはもっとわるい」と
    私自身感じました。
  • コメント日時:2009/4/18 18:03:49

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

taddy_frogさん

事実かどうかは知りませんが、
ムハンマドはカーバ神殿の石像を、買い取ってから壊したと
聞いた事があります。

穏健派の人は、他人の信仰を侮辱せずに尊重して、皆で仲良く平和に暮らすという考え方です。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する