ここから本文です

韓国王朝三大妖婦とは誰と誰と誰のことですか?

hskshndさん

2009/4/1310:07:04

韓国王朝三大妖婦とは誰と誰と誰のことですか?

閲覧数:
36,769
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

frogman03544さん

2009/4/1318:39:07

韓国三大悪女とも、三大毒婦とも呼ばれるそうです。

【チャン・ノクス(張緑水:?~1506)】

李氏朝鮮10代目の君主で中宗(チャングムに出てくる王様)の異母兄、
燕山君(ヨンサングン 在位1494~1506)。
燕山君の側室として淑媛の位を授かり、
体にものを言わせて(つまり色仕掛けで)燕山君を意のままに従わせたそうです。
また、宮中で権力を欲しいままにしました。

1506年、中宗によるクーデターの成功により燕山君が廃位された後、
張緑水は捕らえられ、軍器寺の前で斬刑に処せられました。
斬首された彼女の死骸には、
多くの人々が石を投げながら罵声を浴びせたといいます。

映画『王の男』(2005年)に出てきます。

【チョン・ナンジョン(鄭蘭貞:生没年不明 )】

両班(ヤンバン=貴族階級)の娘でありながら、
妾の娘とさげすまれる生活から抜け出すため、
妓生(キーセン=芸妓)となり、その美貌と聡明さで王妃の兄に見初められ、
宮中に上がり、チャングムが仕えた中宗の妃(ドラマの中の『皇后さま』)である、
文定王后(ムンジョンワンフ)の側近となります。

文定王后の兄弟の尹元衡の妻となり、貞敬夫人の位を得ます。
権力志向のとても強く、その野望は飽くことを知らなかったそうです。
多くの人を利用し、蹴落としながら、権力の中枢にのし上がってゆきます。

『女人天下(にょにんてんか、여인천하)』2002年に描かれました。

【チャン・ヒビン(張禧嬪:?~1701)】

李氏朝鮮19代の君主、粛宗(スクジョン在位1674~1720)の側室で
元の名前をチャン・オクジョンと言います。
第20国王景宗の母親です。
「ヒビン」とは、粛宗の側室としての、オクジョンの位階です。

家の没落から這い上がって宮女(女官)となり、君主の寵愛を受けて、
宮中で権力を振るうも、その後転落してゆくという波乱万丈の生涯をおくりました。
1701年(粛宗27年)に粛宗の仁顕王后が没すると、
妃の死は張嬪が巫女を使って呪詛したとためだと誣告され、
張嬪は王から死を賜り(これを「賜薬」という)、処刑されました。

『張禧嬪』2003年に登場します。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する