ここから本文です

解決済みのQ&A

林業関係の仕事に就こうと思っています、林業は将来性があると思いますか。わたし...

akiharufood_busさん

林業関係の仕事に就こうと思っています、林業は将来性があると思いますか。わたしは今すごく興味があり、就職したいと思っています。

  • 質問日時:
    2009/4/14 22:51:47
  • 解決日時:
    2009/4/18 00:04:02
  • 閲覧数:
    1,512
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

tomapppppさん

これからは第1次産業の時代です。

・漁業はここ数年、漁獲量のばらつきが激しく、安定した漁獲高の確保、つまり育てる漁業に力を入れています。
・農業は高齢化が進んでいて、後継者不足と、輸入農産物の食の安全の問題で、国内自給率の向上が重要視され、農業株式会社の動きも出てきています。
・林業は今まで日本国内で数十年前まで行ってきた、造林事業がそのままに成っており、森の木が密集し過ぎ、森が荒れ放題に成っていて、このままでは森の木々が共倒れとなり、倒木していきます、要するに間伐による森の再生化が急務と成っています。

林業は目の付け所が良いと思います、僕が若ければ正直やってみたいですが。(北海道の人里離れた山の中で生まれたもので)

おすすめですね、是非がんばってください。

質問した人からのお礼

  • 降参いずれにしても、よく考えながら進めたいと思います。
  • コメント日時:2009/4/18 00:04:02

グレード

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

dokusinkunherbさん

申し訳ないですが、日本では将来性ないと思います。というのは、林野庁で昔「緑のオーナー」という木のオーナーになる権利を50万円で売り出し「将来の資産形成に」との売り文句で始めたのに結局元本割れで帰ってくるそうです。20数年預けて半分でもどればいいほうだとか。結局、木のケアーである間伐など人件費がかかる、または、外材が安く入ってくるため山が荒れ放題となってしまい、今は細い木しか育っていないみたいです。また、1本数百万の銘木なども今は誰も買わず、材木商は相当数廃業しました。材木も木のチップを固めた集成材が建築の主流で3年木を乾かしてつかいましたとといのは贅沢な話になってますし、まず、現場の職人が大工ではなく単なる組立工になってますので、日本の中で林業復活は無理だと思います。海外で、大型の機械で紙をいつくるため、集成材をつくるための伐採なら採算とれるかもしれませんが、それは、従来の日本の林業とは似て非なるものでしょう。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する