ここから本文です

解決済みのQ&A

賃貸の契約の時に連帯保証人確約書に収入印紙をはりました。なぜ収入印紙が必要な...

muraifjb73さん

賃貸の契約の時に連帯保証人確約書に収入印紙をはりました。なぜ収入印紙が必要なのでしょうか?詳しい方教えて下さい。又、確約書があれば、契約書に連帯保証人を記入しなくても契約は成立しますか?

  • 質問日時:
    2009/8/22 17:11:54
  • 解決日時:
    2009/8/24 13:08:03
  • 閲覧数:
    3,008
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

customsprofesserさん

連帯保証人確約書が印紙税法に定める課税文書(債務の保証に関する契約書1通200円)に該当するからです。
契約の成立ですが、賃貸契約は連帯保証人がなくても成立しますが、これにたいする連帯保証の契約は、連帯保証人確約書で成立します。ただ確約書で保証する契約の内容を明らかにする方法をとる必要があります。

質問した人からのお礼

  • 成功ありがとうございます、大変勉強になりました。すっきりしました♪
  • コメント日時:2009/8/24 13:08:03

グレード

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する