ここから本文です

解決済みのQ&A

セルボ・モード F6Bエンジンのオーバーホールについて

nissan_vr38dettさん

セルボ・モード F6Bエンジンのオーバーホールについて

現在、セルボ・モード(CP31S・H3年式)のF6Bエンジンをオーバーホールしたいと考えています。
走行距離は118,000kmでタイミングベルトは80,000kmくらいで前のオーナーが交換したと思われるのですが、文字が消えかけていてはっきり判りません。その上、日付が記入されていないのでいつ交換したのかもわかりません。
80,000kmで交換したとしても18年半くらい前の車なので心配です。
カムプーリーからもオイルが漏れています。
タイミングベルトカバーを外すには非常に手間が掛かるのでチラッと覗いただけなので、ベルトの状態は良く確認できませんでしたが、オイルがベルトとカムプーリーに付着しているのは確認できました。

他にも
・動作に問題無いがタービンからオイルが漏れている可能性有り(タービンは中古の予備有り)
・各種ゴムホース劣化しています
・オイルパンからもオイル漏れ有り
・ヘッドカバーからもオイル漏れ有り
・説明しにくい不具合多々有り

この車はギヤ比が特殊??(トルク不足を高回転で補ってるような感じ)で1速は15kmくらいで軽く4000回転を超える上、5速は60km/hで3500rpmを超えます。
タイミングベルトやエンジンが心配なので国道等でも思うようにスピードを出せません。
もちろん高速道路なんてヒヤヒヤして乗れません。
新車時ならば、レッドゾーンは9000rpmからなので5000rpmくらいは全然問題無いと思うのですが...

どうしても長く乗りたい車ですので、買い替えは無しで考えています。
また、乗せ換えも極力避けたいと思っています。
長々となってしまいましたが、皆さんのご意見を宜しくお願い致します。

  • 質問日時:
    2010/1/1 23:01:17
  • 解決日時:
    2010/1/16 10:53:24
  • 閲覧数:
    1,325
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    250枚

ベストアンサーに選ばれた回答

niyaniya365さん

平成4年のヴィヴィオRX-Rと平成2年のユーノスコスモを所有しています。共に15万キロ弱走ってます。

難しく考える必要はありません。古いクルマを乗り捨ててしまう基準というのは人それぞれでしょうが、私の場合は遠方での立ち往生というのが一番嫌で(レッカー代が嵩むし旅程が狂う)、しかも距離を走ります。そう考えると、走行中に立ち往生で多いと言えば、冷却水とエンジンオイルの喪失・オルタネータなど電装系のトラブル、そしてタイベルでしょう。ATだったらセルモーターもありますよね。

タイベルに関してはすぐに交換すべきです。このベルトはオイルが付着するとダメで、どこの整備書でも”エンジンオイルが付着したらそのベルトは使用不可”と書いているはずです。タイベルはずれないコクドベルトの一種ですが、オイルで劣化すると怖いモノがあります。このタイベルにオイルが付着すると言えば、クランク・カム双方のオイルシールからの漏れが圧倒的に多いと思いますよ。なので、タイベル交換に臨み、そのついででオイル漏れ対策をすればよいと思います。

ウォーターポンプの交換はタイベルと同時にという人が多いと思いますが、冷却水を車検ごとに交換している人(冷却水はウォーターポンプ軸の潤滑も行っている)であれば結構持ちます。私の上記2車種も交換歴はありませんし、交換したくなるシチュエーションは今のところありません。むしろラジエータホースやヒーターホースなど水が巡るホースがブヨブヨになっていたり、漏れた跡がありそうならば交換しましょう。

これだけやって気持ちよく走れるようになれば、ガンガン走って、時間のあるときにヘッドカバーのパッキン交換などをコツコツやっつければよいと思います。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する