ここから本文です

特定小電力トランシーバーは、登山で役に立つことありますか?

質問者

aa_angyaさん

2010/2/1521:55:01

特定小電力トランシーバーは、登山で役に立つことありますか?

ちょっと距離が短い気がします。

閲覧数:
2,398
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/2/1600:50:57

やってもいない経験談ですか…。
どこの山でやったのですか?

たくさんの人がスキーなど
雪山で便利に使っているのですがね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

annzan2010さん

編集あり2010/2/2111:53:23

登山で、仲間同士の交信なら、無資格・無免許で使用できる、特定小電力トランシーバーをお勧めします。ただ、やっぱりあまり電波が届きません。私も使用したことがありますが、標高350mほどの山では、だいたい半分くらいの距離までしか届かず、頂上あたりから、登山入口あたりまでの交信はできませんでした。しかし、距離は短いとはいえ、スキー場などの、見通しが良い場所では、1km~2kmくらいは通話ができるので、役に立たないということはありません。

登山で、非常用(遭難)などで使うならば、アマチュア無線などをお勧めします。ただし、資格と、無線局免許が必要になりますので、使えるまで少し手間がかかります。ですから、仲間との交信では(相手が資格などを取得していれば、自分が取得すればよいのですが)あまりお勧めできません。ですが、長距離交信ができますし、遭難などの非常時は、非常用周波数で(山なら特に電波が飛びますので)緊急事態を呼びかけることもできます。なお、特定小電力トランシーバーが10mwの出力に比べ、アマチュア無線機のたいていのハンディ機は、5wくらい(約500倍)の出力のものが多いです。よって、ハンディ機(5w)で、見通しの良い場所(スキー場など)では、5km~10km以上の通話が可能です。

もちろん、特定小電力トランシーバーでも、近くに持っている人がいて、周波数が合っていれば交信できますし、10mwの出力でも、標高の高い山ならば、頂上から交信すれば、思わぬところまで電波が届き、長距離交信が可能になることもあります。

あと、「アマチュア無線は、非常用(遭難など)に使用する」というようなことになってしまいましたが、もちろんお互い資格をとって、交信し合うこともできます。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

cb26968さん

2010/2/2012:32:23

他のパーティー方との交信・見知らぬ方との交信も出来ます。
遭難時に警察ヘリ等から特小の電波を発信すれば、要救助者まで電波は届きます。
ロケーションが良い山(富士山とか)でしたら、遭難時に声を出せば望みはあります。
周りに林があったりしたら・・・ちょっと駄目かもしれません。
何も持たずに入山するよりは、100%も150パーセントもマシです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/2/1712:54:12

もちろん役に立ちます。
大人数のパーティーの先頭と後尾の連絡とか、複数のパーティーがある場合はパーティー間の連絡とか使えます。
単独行や常にまとまって行動できる少人数ならあまり意味はないですが。

遭難などで外部に助けを求めるような使い方ならちょっと交信可能距離が短いですね。
また特定小電力では、アマチュア無線のような運用を楽しむマニアの方以外ではもっぱら仲間内だけの交信を行うのが一般的です。
グループコード、トーンスケルチなど仲間以外からの電波は聞こえない機能を使っているケースも多いです。
仲間内以外の人に特定小電力で助けを求めるのはちょっと無理があるでしょう。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2010/2/1620:38:06

どういう使い方をしたいから通信距離が短いと感じる、とか言うように具体的にしていただけませんか?
そんなに約に立たない機械ならあなたが気になるほどのことにはならないとおもいます。
爆発的に売れて、各メーカーがどんどん新機種をリリースしている理由は、利用目的にあった実用性が認められたからではないでしょうか。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

kamakiri_83さん

2010/2/1610:54:50

“仲間同士で”ということでしょうか。
それ以外の想定なら役にたちません。(断言)

仲間同士で使う場合、通話ができる条件は限られます。
森林限界を超えた高所で、相手が見える位置関係で~1km程度までなら、通話できるはずです。
お互いの位置が森林環境下の場合なら、見えない位置関係では通話は厳しいと思います。

あと、“遭難対策の為に”とお考えなら:役に立ちません<笛の方がマシです。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する