ここから本文です

高血圧 降下剤ってジュリネック薬品は無いの ブロブレス8ミリ

tororoto20さん

2010/4/209:44:33

高血圧 降下剤ってジュリネック薬品は無いの ブロブレス8ミリ

高血圧で毎月通院しております。、ブロブレス錠8ミリを内服し始め4年になります。 先月薬価代を安くできないかと思い ジュリネックにできないか問いましたが この薬はジュリネックにならないと言われました。本当にならないのでしょうか ちょっと疑心を持ちますよね

閲覧数:
1,052
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/4/210:25:36

ウィキペディア(Wikipedia)より
後発医薬品(こうはついやくひん、Generic drug)とは、成分そのものやその製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許の内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品をいう。先発医薬品の特許権が消滅するとゾロゾロたくさん出てくるので「ゾロ」「ゾロ品」「ゾロ薬」等と呼ばれていたが、商品名でなく有効成分名を指す一般名(generic name)で処方されることが多い欧米にならって、近年「ジェネリック医薬品」とよばれるようになった。
特許
新薬(先発医薬品)の開発には巨額の費用と膨大な時間を必要とするために、開発企業(先発企業)は新薬の構造やその製造方法、などについて特許権を取得し、自社が新規に開発した医薬品を製造販売することによって、資本の回収を図る。また、その新薬で得た利益を新たな新薬の開発費用として投資する。当然、特許の存続期間が満了すると、他の企業(後発企業)も自由に先発医薬品とほぼ同じ主成分を有する医薬品(=後発医薬品)を製造販売ができるようになる。
特許権の存続期間は、原則として特許出願日から20年の経過をもって終了する。しかし、新薬の製造販売の承認を得るには長期間を要するため、特許権を取得したにもかかわらず、対象となる医薬品の製造販売の承認が依然として得られないケースが多い。その場合、特許権の存続期間を最長で5年間延長できる。
先発企業は同一薬効成分に新たな効能・適用・結晶型などを発見することで特許権を追加取得したり、製剤・剤型を見直して効能以外の付加価値をつけるなどして、後発企業の進出に対抗する。

http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/03/dl/tp0305-1a.pdf
32ページでも確認できますが、まだ、後発医薬品は出ていません。
1999年販売開始の薬剤で、まだ、開発会社に儲けさせないと....ということでしょう。

ちょっと疑心を持ちますよね

人を疑う前に、自分で勉強しましょう。
このようなことも簡単に検索できる時代になっていています。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する