ここから本文です

解決済みのQ&A

100vと24v電源の接地側について

tochieetochieeさん

100vと24v電源の接地側について

電源一次側100vをパワーサプライで24vにし、トグルSWでLEDランプの点灯させ外部出力用端子へつなぐ回路です。
電気工事士では、(100v)接地側を白線でランプ類、非接地側を黒線でSW類にとなっておりますが、
24vの場合も24vマイナス側をランプ類、プラス側をSW類にする必要があるのでしょうか?
また、一般的にはそれぞれ何色の電線となるのでしょうか?
よろしくお願い致します。

  • 質問日時:
    2010/4/2 12:15:16
  • 解決日時:
    2010/4/17 08:15:26
  • 閲覧数:
    1,075
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

hinosita39さん

普通、交流電源は非接地側(黒)、接地側(白)で区別しますが、
直流の場合、+側=非接地側(赤)、-側=接地側(黒)で識別します。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

seigyobanjobさん

そうとも限らないでしょう。シーケンサの出力形式によってマイナスとプラスが入れ替わります。一般的には青色が多いですかね。マイナスは黒、プラスは赤というときもあります。

dattukouさん

商用電源は電力会社が片側接地して送っている関係で、大地との間に電位差を持つので安全の観点で接地側を負荷に繋ぐのがルールですが、24vのように電圧が低い場合は感電の恐れはありませんし、又片側を接地して使うかも定かで有りませんのでどちらを負荷側につなぐととしてもおかしくありません。

色についても一般的規則はないと思いますが、
GND・・・クロ
プラス・・・赤
マイナス・・青
としています(電圧が複数ある場合はそれに準じた色合いを選択)。
確か、会社の設計規格がそうなっていたように記憶してます。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する