ここから本文です

グロースターターの蛍光器具にラピット式の蛍光管を付けても問題はないでしょうか?

tui_kbさん

2010/4/1615:15:07

グロースターターの蛍光器具にラピット式の蛍光管を付けても問題はないでしょうか?

質問です。グロースターターの蛍光管はFL~だと思うのですが、ラピット式のFLR~の蛍光管を付けても問題はない(危なくない)でしょうか?ご教授宜しくお願い致します。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
56,002
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nnrps226さん

2010/4/1620:07:18

基本的にすべての器具で物理的に取り付けられれば使用可能ですが例外として省エネ管(36W)はグロー式器具に使うのは好ましくありません。なぜならばラピッドスタートタイプの省エネ管は、低電圧大電流で省エネにしているためでラピッドスタート式の省エネ管をグロー式器具に取り付けると安定器に過電流が流れ、最悪の場合安定器が焼損または保護回路が働く可能性が有り、事故を防ぐため、照明器具の始動方式に合った蛍光管を使用する必用があります。
ちなみに、半年ほど前、グロースターターの蛍光器具にラピット式の蛍光管取り付けていた某事務所で器具の安定器不良(4個)による不点灯ということで安定器交換の修理に行ってきましたよ。グローにはグロー用をラビスタにはラビ用を取付ましょう。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

singouki0さん

2010/4/1620:32:45

基本的には大丈夫ですが,蛍光灯の寿命が短くなります。
省エネ形の蛍光灯は取り付けないようにしてください。
例えば20形であれば18W,40形であれば36Wだったりする場合です。
なぜならばラピッドスタート形の蛍光灯は低電圧高電流で省エネにしているからです。
この蛍光灯をスタータ形の蛍光灯器具に取り付けると安定器に過電流が
流れてしまい焼損の原因になります。
省エネでない蛍光灯を取り付けて点灯しても
安定器の寿命は短くなっていますし,ラピッドスタート形の蛍光灯の
最大の特徴である「臨時点灯」が発揮できません。
(普通のスタータ形と同じ点灯をします。)

寿命を縮めずに使用するならやはり
スタータ形にはスタータ形の蛍光灯を使用する
ラピッドスタータ形にはラピッドスタート形の蛍光灯を使用する
がいいですね。

2010/4/1617:55:31

逆はダメですが、グロースターターの蛍光器具に
ラピット式の蛍光管を付けても大丈夫使えます。

でも高価ですので勿体ないと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。