ここから本文です

解決済みのQ&A

中古マンションの相場と固定資産税評価額の間には何か関連性や目安などがあるので...

mrsai21さん

中古マンションの相場と固定資産税評価額の間には何か関連性や目安などがあるのでしょうか。
もちろん個々の物件によって大きな違いがあることは承知の上で教えてください。

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

  • 質問日時:
    2010/5/15 13:18:57
  • 解決日時:
    2010/5/30 08:17:37
  • 閲覧数:
    1,113
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

nagasekanさん

全くと言っていいほど、関係ありません。

固定資産税評価額は土地と建物を別個に評価します。
土地は、周辺類似地域の地価公示地の公示価格を基準に、市町の、評価基準に基づき決められます。
また、建物は構造仕様等で、決められます。


一方、中古マンション相場は、土地建物一体として評価し、新築マンション価格を基準に、経過年数、環境、仕様、立地や需給動向で決まってきます。
固定資産税評価額が参考にされることはほとんどありません。

特に、築年数が古いと、耐震性や建て替えが困難なこともあって、価格は低迷しますが、固定資産税評価額は、建物は耐用年数が長く、残価率が高いため、高いことがあり、市場価格より上回ることもあります。特に地方都市で見られることです。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する