ここから本文です

村上春樹さんの小説のの中には、クラシックの名曲などが細かく出てきますが、かな...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

poem2021さん

2010/8/3008:41:17

村上春樹さんの小説のの中には、クラシックの名曲などが細かく出てきますが、かなりの「ツー」好み、と見受けられますか?ベートーヴェンの「大公」のことが書かれた作品があり、好きになりました。影響力大ですよね

閲覧数:
624
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2010/8/3012:33:54

大公トリトというと『海辺のカフカ』だと思いますが、個人的にはこの小説で主人公と重要な登場人物とが会話するシューベルトのニ長調ソナタ作品53 (第17番 D.850)はこの作品を読まなければ注目しなかった作品でした。その後、村上春樹の音楽エッセイ『意味がなければスイングはない』で、この曲がテーマとなっている文章を読み、作家の偏愛的な愛聴曲だと知った次第です。

ヤナーチェクの『シンフォニエッタ』も『1Q84』を読んで興味を持った人も多かったのではないかと思います。

通かどうかは分かりませんが、エッセイを読む限り、ジャズやポップスだけでなくクラシック音楽にも一家言のある作家ではありますね。ルドルフ・ゼルキンとルービンシュタイン、プーランクについてのエッセイも相当面白いものでした。

質問した人からのコメント

2010/8/30 12:44:14

「海辺のカフカ」御名答。あの青年にクラシックの楽しさを教えてしまうというのは、非常にうまいレトリックである

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜1件/1件中

alema_mareaさん

2010/8/3011:54:50

大公は村上さんが取り上げなくても聞かれていると思いますけど・・・・

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する