ここから本文です

自閉感、自声強聴が治りません。 半年程前から、毎日自閉感を感じます。 しば...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

a3058hさん

2010/9/215:51:52

自閉感、自声強聴が治りません。
半年程前から、毎日自閉感を感じます。
しばらく大人しくしていれば治りますが、喋り出したらまた始まってしまいます。
自分の声ばっかり聞こえて周りの音は聞こえずらく、とても不便です。
病院にも行きましたが、何ともないと言われました。
鼻炎持ちなので、その影響かもと言われ粘膜修復のお薬を出されましたが、何も変わりませんでした。
ストレスなどはとくに無いし、爆音を聞いたりもしてません。
気圧の変化などでも起こるものですから、病気でなくてもなるのかも知れませんが…これは体質として受け入れるしかないんでしょうか?
バンドでボーカルを担当しているので、この状況はかなり厳しいです。
鼻をつまんで~とかは効きませんでした。
何か改善方法あったら、ぜひ教えて下さい。
17歳女子。

閲覧数:
1,341
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pokoponpiaさん

2010/9/220:12:48

これは、お喋りに夢中になっている時には口を頻繁に開け閉めしますので鼻と耳を繋いでいる耳管と言う管が開き易くなり一過的に軽度の耳管開放症状態になってしまうために起こる現象で文面の如く耳閉感や自声強聴を呈します。歌をうたっている時も同様です。立ちっ放し状態や運動状態、特に夏場では水分不足などによってこの管粘膜や周囲の血流が悪くなり余計に開き易い方向に行きます。これらは一過的に誰にでも起こり得る要素を持っています。しかし喋り出して直ぐ始まったり普段からでも起こり易い場合には何か開き易い方向に行く要因を持ち合わせているという事も考えられます。この開放症自体はストレスや疲労、ホルモン剤や低血圧など、あと体重減少でこの管の周囲が痩せて来て起こる事も多い発症例です。頭を深く下げる姿勢や仰向け寝で軽快~消失する傾向を示します。炎症などに起因する訳ではないため、これと言った決定的治療法もありませんで何か原因に合致する因子を見い出しそれらを生活面で改善して行かれるのが最良です。水分不足にならないように注意する事も大切です。耳鼻科に行かれても前述の如く炎症などに起因する訳ではないため検査や診察でも異常を発見し難く、またこの疾患に疎い先生も中にはいらっしゃいます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する