ここから本文です

解決済みのQ&A

なぜ12月は師走?他の月は水無月、睦月、皐月とか綺麗な名称なのに…

h_manner_yさん

なぜ12月は師走?他の月は水無月、睦月、皐月とか綺麗な名称なのに…

  • 質問日時:
    2010/9/3 18:42:55
    ケータイからの投稿
  • 解決日時:
    2010/9/10 22:02:45
  • 閲覧数:
    390
    回答数:
    3

ベストアンサーに選ばれた回答

sumomo_momomo_nyankororinさん

こんばんは。

綺麗か綺麗でないかは、個人の美的感覚によるかと思われますが、確かに浪漫的な響きには、多少欠けるところは否めないですね(個人的には十二月のせわしなさを表現していて、好きです)。

日本では、元々旧暦12月を師走(しわす)、または極月(ごくげつ、ごくづき)と呼び、現在では師走は、新暦12月の別名としても用いられています。

その由来は、皆さんご指摘の通り、僧侶(師は、僧侶の意)が仏事で走り回る忙しさ(平安後期編『色葉字類抄』)からという、平安期からの説があります。また、言語学的な推測として「年果てる」や「し果つ」等から「しわす」に変化したなどという説もあります。

ただし、12月を指す異名は他にもあります。


・乙子月(おとこづき/末〔=乙子〕の月)
・弟月(おとづき/=乙子月の略)
・限りの月(かぎりのつき/一年で最後の月=限り月とも)
・暮来月(くれこづき/年末が来る月)
・春待月(はるまちつき/新春を待つ月)
・氷月(ひょうげつ/氷が張る程寒さの月)
・臘月(ろうげつ/臘に旧暦12月という意味がある)

などなど…。

ただし、師走よりも一般的ではないので、お手紙などで用いる場合は、表現を添えて使うと、齟齬も生じずによろしいかと。

ご参考になれば、幸いです。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/9/3 21:07:14

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

ura9man3さん

個人の感覚だから、「なぜ?」と言われても答えられません。
私は、師走もじゅうぶん綺麗だと思うので。
それに比べると長月なんて単純で、綺麗じゃないと思う。

miki100sikiさん

先生が走り回るほど忙しいからです。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する