ここから本文です

解決済みのQ&A

ケーブルのPI測定

biwako_blさん

ケーブルのPI測定

ケーブルの絶縁診断を行うために、PI測定を行っています。
そこで分からないことがあったので、質問をしました。

PI測定を直流でおこなっていますが、なぜ1分値と10分値の漏れ電流が減衰する(時間が経つにつれて
減少)か分かりません。

みなさん教えていただけませんか。お願いします

  • 質問日時:
    2010/9/27 02:55:10
  • 解決日時:
    2010/10/11 10:57:55
  • 閲覧数:
    2,099
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    25枚

ベストアンサーに選ばれた回答

bokutomtomさん

ケーブルは対地静電容量をもっています。ケーブルの仕様書や技術資料などに例えば0.2μF/kmなどと記載されています。
ケーブルに直流電圧をかけると、最初にケーブルの持つ静電容量に対して割合に大きな充電電流が流れます。その後、対地間の絶縁抵抗の大きさに応じた値まで徐々に放電され電流は減衰していきます。
従って、絶縁抵抗が悪いと時間が経っても抵抗分を通して大きな電流が流れ続けるので、ケーブルの良否がわかります。
もちろんケーブル内部の部分放電によるキック現象があれば電流は減衰途中で急激に増加や減少をすることもあります。
古い高圧ケーブルは、水トリーが発生しやすく、この試験で検知することができます。

  • 違反報告
  • ケータイからの投稿
  • 回答日時:2010/9/27 06:22:57

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する