ここから本文です

エレキの若大将でそばやの格好をした寺内タケシさんがきてギターを演奏しますが、...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

syouta_front_partさん

2010/12/2020:55:10

エレキの若大将でそばやの格好をした寺内タケシさんがきてギターを演奏しますが、あのギターはどこのギターでしょうか?

閲覧数:
1,139
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2010/12/2021:39:45

グヤトーンとともに1960年代に勃興した「エレキブーム」を支えたメーカーの
一つ、TEISCO(テスコ)のギターです。

当時テスコのギターは百貨店でも販売されていたギターメーカーで、一日に
一店舗で100本売れた、なんて話もあるそうです。そのパブリシティがらみで
「若大将シリーズ」の楽器提供を行ったりしていたのですが、1960年代末に
エレキブームの収束とともに業績が悪化し、ギターの生産を打ち切って河合
楽器に吸収されてしまっています。その後はPA機器やキーボードなどの製造
も行っていましたが、最終的にテスコブランドは消滅しています。

その後1990年代末に河合楽器がテスコのギターを数機種復刻していますが
後に河合楽器がギター製造から全面的に撤退してしまったため、今後再生
産されることはないでしょう。

某男性用スキンケア用品のCMで桑田圭祐が弾いていたり、ライ・クーダーが
テスコのギターを愛用していたり、ロリー・ギャラガーがアンプ内蔵ギターをスラ
イドギター専用で使っていたとか、エディ・ヴァン・ヘイレンがギターコレクションに
加えているなど、マニアの間では人気が高いのですが、如何せん1960年代に
大量に「安かろう悪かろう」のギターを横溢させてしまったために、木材も安いラ
ワンを使っていたり、フレットがきっちりと指板の端まで打ち込まれていなかったり
粗製濫造の見本のようなギターも多く見られます。しかし上級モデルの「K-4L」
や「スペクトラム」等は結構つくりが良くて、「ジャパニーズヴィンテージ」として珍
重され、結構いい価格になったりしています。

画像検索すると結構愉快なギターが見つかります。「便器ギター」と呼ばれた
「メイクイーン」とか、当時としてはかなり変わっていたグラフィックイコライザーを搭
載したギター、それから当時人気を誇ったベンチャーズが愛用していたモズライト
の影響をモロに受けたギター等、面白いものがありますよ。海外では「Silvertone」
や「TEISCO Del Ray」等いくつかのブランドで販売されていたようです。

あの映画は後半でベンチャーズのノーキー・エドワーズから送られたパールホワイ
トのモズライト(現在は西伊豆の加山雄三ミュージアムに展示)とか、寺内タケシ
が「日本楽器というからには日本一の楽器を作れ」とオーダーして、それがまだ未
完成のままヤマハが発売を強行したため寺内タケシから「ブルージーンズ・カスタ
ム」の名前の使用を認められなかったというYAMAHA SG-7プロトタイプが出て
くるし面白いですよね。今加山雄三はモズライト問題で針のむしろになってしまっ
てますけど・・・。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2010/12/2115:02:35

ブランドそのものはenigmatica999さんの御指摘どおり
TEISCO(テスコ)、御質問の趣旨に沿えば付け足すことも
御座いませんし、ブランドとしてのテスコの歴史は複雑で、
とても解答欄に収まりきれませんが、蛇足ながらその楽器
そのものの型番はTG-64で、型番の通り1964年5月20日付で発売。
http://www.youtube.com/watch?v=lWnei0vcyig

当時のテスコのフラッグシップモデルで定価は22000円。
http://www7.plala.or.jp/tangerine-gtr/used/u16.html

映画にも出てくるが、故いかりや長介氏がビートルズの日本公演の
前座で使用したTG-64とペアとなる4弦ベースはNB-4で21000円。
http://www.youtube.com/watch?v=GFKIXtk-8p4

ボディの穴まで御揃いの6弦ベースTB-64は23000円。
http://blog.goo.ne.jp/span_21/e/e3632644b46e6688e8413ec666ca00a2

製造元の日本音波工業株式会社はその64年の10月1日付で社名を
ブランドに合わせてテスコ株式会社にしている。

前身は戦後すぐの1946年に設立されたアヲイ音波研究所で、
主力の製造工場のテスコ弦楽器株式会社は富士弦楽器製造の
工場長をヘッドハンティングして1961年に設立されている。

加山雄三氏が寺内師匠との合奏に取り出したのが1954年発売の
テスコ第一号エレキのTG-54のジュニア版のJシリーズの流れを汲む
MJ-2Lで定価は12000円。テスコの略号に多い数字の2はPUの数、
LはLever(レバー)でトレモロアーム付きということ。
http://ushigomepan.seesaa.net/article/155049177.html

ちなみにグヤトーンだとLではなく素直にT(Tremolo)。

映画撮影の初期ではテスコが楽器や音響機器を全面提供していたが
途中でヤマハが割り込んできて誰に鼻薬を嗅がせたのか、最後は
いくつかのカットの差し替えまでして残りの撮影をモズライトを除いて
すっかりヤマハの製品に持ち換えさせてしまった。

元々ヤマハは持ち前の木材のたくわえや木工技術を生かしてテスコの
楽器製造の下請けをやっていたが、その縁でテスコ製の楽器を
OEMで仕入れてヤマハブランドで販売すると高価なのに飛ぶように売れる。
(ギターYG-6、6弦ベースYB-6)分解すると中身は世界に冠たる
ヤマハにしてみれば単純なもの。これなら簡単に出来るわい、と
作ったのがS302(後のSG-3)S201(同SG-2)B201(同SB-2)など
SGシリーズのオリジナルモデル。そして映画に使用したSG-7の
プロトタイプの完成したのが1965年10月に入ってからで、「エレキの若大将」の
封切りはなんと同年12月10日というから色々な意味でテスコは
「電光石火の早業」で油揚げをさらわれたことになる。



オトナの世界ってコワい(>_<)

投稿画像

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する