ここから本文です

アルミダイカストのADC12でロットが切り替わった途端に 切削性が悪くなり、即刃物がダメにな...

nanamaru1976さん

2011/1/1116:58:20

アルミダイカストのADC12でロットが切り替わった途端に
切削性が悪くなり、即刃物がダメになってしまいます。
通常は100ヶ/1本ですが、3ヶ/1本程度の加工しか出来なくなりました。
アドバイスお願いします。

硬度、成分分析、ハードスポットの有無等は調査しましたが、
問題が解決しません。
なんらかのアドバイスをお願いします。

閲覧数:
1,885
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/1/1509:56:12

鋳込み後の固まる速度が早過ぎるとと、ADC13;過共晶ALの様に、Si(シリコン)が析出をして工具を痛める可能性があると思います。

その時にも、成分組成は変わりませんし、硬さ試験でも、Siの粒は逃げる(もろい)ので検知されません。

原因を特定するには、まず、鋳込んでいる現場の工場内の設備~気温(最近寒いです)~工程(早出ししていないか)辺りを、調べる(粗材屋さんに聞く)のが良いんじゃないかと思います。

それで解決しない場合は、ご自身~粗材屋さんなどで、分析会社に頼むのが早いんじゃないかと思いますが、お近くの信頼できる会社で、顕微鏡で組織の写真をどこかに取って見てもらう。なんていうのも有効かもしれません。

私が日産(自動変速機の先行開発)に在職してた頃に、社内の材料チームが混んでた時に使った会社;日産アークのWEBを、参考に紹介しておきます。
分析技術は、国内~世界で最高レベルに近いですが、意外に調査費用はリーズナブルだった記憶があります。(とはいっても、数万円~10万円/1件くらいだったかな?)
他で、どうしても解決できなければ、このコメント;Copyでもつけて、コンタクトしてみてください。
http://www.nissan-arc.co.jp/

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する