ここから本文です

解決済みのQ&A

XR230って重さ120キロ超えるのですが何故そんなに重いのですか。 同じようなバ...

s_j_a_p_a_nさん

XR230って重さ120キロ超えるのですが何故そんなに重いのですか。
同じようなバイクでBETAのALP200は101キロしかありません。
http://betamotor.jp/trial/alp200.htm

XR230をこんなに軽く作ることは不可能なのですか。
作れるのに作らないホンダの怠慢ですか。

この20キロの差って何なのですか。

補足
乾燥重量で122キロになってるけどね。
http://www.bikebros.co.jp/vb/index.php?id=960
たしか旧型のSL230は105キロだった筈だ。
やっぱり軽量化の努力しないホンダの怠慢じゃないか。
TLR200はセル付いてないしバッテリーも小さい6V用だ、軽いの当たり前だろ。
よく調べて回答しろよ、どアホー共が。
  • 質問日時:
    2011/1/29 16:11:59
  • 解決日時:
    2011/1/29 19:24:27
  • 閲覧数:
    1,112
    回答数:
    6
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

highway_bigenerさん

それじゃ、ベータを買えば・・・

ベストアンサー以外の回答

(5件中1〜5件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

kei_r1_zさん

s_j_a_p_a_n

>この20キロの差って何なのですか。
単純に車種(ジャンル)が違うからだ。
alp200がトライアル車がベースなのに対し、XR230はオフロード車。

比較するなら「TLR200」だろ、JK。
ちなみにTLR200の乾燥重量は「90kg」な。
http://www.honda.co.jp/news/1983/2830412.html

投稿画像

hokkaidoasahidakeさん

>>s_j_a_p_a_nさん

どアホウ ベーターはトライアル車だぞ。

自分の馬鹿さ加減を検証してみな♪

nandeyanen_shinjirarenさん

>XR230って重さ120キロ超える
車両重量でしょ?

>ALP200は101キロしかありません。
乾燥重量でしょ?

それを差し引いても軽いんだろうケド、
それはベースがトライアル車であるゆえの事。

ロードを走るだけの耐久走行テストとか…
そういう方面が心配ですね。

>hokkaidoasahidake
ちなみに、ALPシリーズは公道走行可能車。
トライアル専用車ではない。

  • 違反報告
  • 編集日時:2011/1/29 16:36:47
  • 回答日時:2011/1/29 16:25:44

tokusouseibisiさん

乾燥重量(ガソリンやオイルを入れない状態での重量)と車両重量(ガソリンやオイルを入れ、走行可能な車体重量)の違いは在りますが、それでもXR230の方が若干重いですね

これは各部の寸法や材質の違いでしょう
特にフレーム寸法(ベーターは二人乗りを考慮していないからシート下のフレームがかなり細いと思います)やタンクの材質(国産では鉄タンクじゃないと認可が下りない)とかマフラーの構造的な重さ(排ガス規制で触媒などが内蔵されていたり、消音壁が多いなど)が効いてると思います


代わりにXR230の方が頑丈だと言えます

  • 違反報告
  • 編集日時:2011/1/29 16:28:02
  • 回答日時:2011/1/29 16:25:17

deluxe_suudonさん

XR230:車両重量 122Kg
ALP200:乾燥重量 101Kg

車両重量と乾燥重量の違い分かっていますか?

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する