ここから本文です

これから取り組むべき問題点 ・地産地消 ・地産都消

wasabikingさん

2011/2/215:53:11

これから取り組むべき問題点
・地産地消
・地産都消

現在の事業

・茨城県筑西市農産物供給組合と新宿区との学校給食に対する農作物の供給(既に始まっている2校)
・問題点→物流体制が未完成。毎日大森理事が配達中。ビジネスベースにならない。

・東京都産業労働局 農林水産部 傳田課長を通じて地産都消のモデルケースとしてビジネスも出るとして入り込めるか。
・問題点→現在の出荷体制では取扱量が微弱すぎて受け入れ側が躊躇する可能性が高い。(現在、五十嵐が富士宮市、浜松市、千葉県など過去に取引があった自治体に問い合わせを開始しているが、現在月曜日から金曜日までの9:00~18:00を拘束されているために、身動きが取れない。かといって大森理事、鈴木理事に話をまる投げするわけにもいかず、葛藤中)

・フルーツトマト
・成城石井、ザガーデン、紀伊国屋、クイーンズ伊勢丹の4社に絞って販促をかけるべき。(うちクイーンズ伊勢丹は北田水産から紹介してもらえる。その他、西友もつて有り。)

・ビジネスモデルの確立
・資金のかからないビジネスモデルの確立も大切なことではあるが、このビジネスに必要なのはスピード感であると考える。
・今のままでは消耗戦となり、どこかに無理がかかり始めた場合、せっかくの苦労が水泡と貸す可能性があり。
・ここまで3年間暖めたビジネスチャンスが花開こうとしているときに、もたもたしていられない。

・筑西市だけに留まらず、現地での仕分け、品分け作業をさせることで、現地での労働が発生し、現地が活性化する。
・いずれカット野菜工場などの誘致を考えて、今後のビジネスに対して多角的な物事の見方をするべきである。

たとえ1つのジャガイモを販売するのにも、掛かる経費が有り、この先、なあなあでは済まされない局面がやってくる。

万が一この質問を見た方は、回答ではなくコメントをどうぞ^^
一番言いコメント、アイデアに500枚とBAを差し上げます^^

閲覧数:
1,267
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/2/912:51:27

大消費地の首都圏を抱える茨城で営農しておられるということですので、地産地消とか地産都消とかそういう概念にとらわれず、お客さんをつかまえる行動をどんどん起こすべきです。

物流は地元の運送会社や大手に相談してみたらどうでしょうか。
すべて自社で済ませようとすると、企業の発展は望めません。
自社の人材は、作業に従事させるのではなく、経営のビジョンであったり、仕組みづくりにこそ活用すべきです。
ただ、ある程度のロットにならないとやはりビジネスベースにはならないでしょうから、まずはやはり顧客を増やすことでしょう。
逆の見方をすれば、ロットがまとまらないようなら、会社の規模をそのままに据え置き、どちらかというと地産地消の方向でコストをかけないで利益を生む方法を模索するのもありだと思います。
要は御社がどういった将来像を描いているかによります。

どこかの会社と取引が成立したら、まずは実績を残し、少しずつ取扱量を増やしてもらえる環境を作る。
極端に取引先を広げすぎると物流の面で負荷がどうしてもかかるでしょう。

地域の活性化とかそういうことは二の次と考えられるため、まずは自社の経営を成り立たせることを第一に考えるべきでしょう。
農協に出荷するケースでなければ、当然販売まで見越さなければなりません。
そのときに重要となるのがやはり取引先との信頼関係です。
質、量、納期、当たり前のことを当たり前にこなす。
資金繰りなどたいへんなことがたくさんあるでしょうが、経営ビジョンに向かって地道に歩まれることが第一です。
現実を見きわめ、着実なステップを歩んでください。

質問した人からのコメント

2011/2/9 19:24:03

成功 これほどの自己中な質問に答えていただき、まことにありがとうございます。
ご両人ともBAとさせていただきたかったのですが、規約どおり1名を選ばせていただきました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

onia222さん

2011/2/217:13:31

長い文章は、何も「地産地消」ではなくて、あくまで現況報告ですね?
●現在の事業形態が問題だから、此れからは「地産地消」に向かおうかな?

と云う事ですね?その為の方法についてアイデア募集したいと・・・・・

●これから取り組むべき問題点としては、素人ですがコメントしますと
・地産地消は地元でとれたものを旬の時期に出来るだけ新鮮なまま

近くの住民が食べようとするモノであって、其れが

・地産都消となると一部誤魔化しになってしまうし、「地産地消」とは違うと云われる事と、
都内までの流通コストや現地でも加工場が必要となり、原則から離れるし無理があると思います。

なので一度、「地産地消」の看板を上げたら、原則を曲げずに偽物と云われない
ように努力をして、誠意を尽くして欲しいと思います。

本物を提供すれば本物の客が付く。だけど一度でも信用を失ったら、
二度と取り戻せませんからね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する