ここから本文です

佐藤という名字が多いですが、何故でしょう? 歴史上人物で佐藤っていましたっけ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

palmsun0904さん

2011/2/2810:01:09

佐藤という名字が多いですが、何故でしょう?
歴史上人物で佐藤っていましたっけ?
武将もいませんよね?

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

閲覧数:
3,277
回答数:
7
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/2/2821:01:30

佐藤氏は、藤原秀郷の6代孫公清に始まるとされますが、
1.公清が左衛門尉だったので、左衛門尉の藤原氏ということで佐藤を称した。
2.公清が佐渡の国司だったので、佐渡の藤原氏ということで佐藤を称した。
3.公清が下野国佐野庄に住んだので、佐野の藤原氏という意味で佐藤を称した。
4.兵衛佐の藤原氏という意味で佐藤を称した。
5.公清の父公光が豊後国の佐伯惟基の養子となり、佐伯の藤原=佐藤を称した。
という説があります。いずれにしても、この流れが各地に広まりました。

その他にも、安芸国の「佐東」の地名に由来する源姓佐藤氏や、信濃国の井上氏流の源姓佐藤氏、二階堂氏家臣の在原姓の佐藤氏など別流もあります。

歴史上の人物で最も有名なのは源義経の忠臣、佐藤継信・忠信兄弟、西行法師(佐藤義清)でしょうか。

ただ、現在の佐藤姓が全てこの佐藤氏の子孫のわけはなく、大多数は元々何の関係もない中世の庶民の子孫です。中世の庶民が苗字を名乗る時、居住地の領主(大名とかではなく、極狭い地域の小領主。大名などの有力者の苗字を名乗ることは敬遠する意識が働いた。)と同じ苗字を名乗るということをしました。有名になるような佐藤姓の武士が居ない代わりに、少領主としては、各地にかなりいたので、庶民にも佐藤姓が広まることになりました。

質問した人からのコメント

2011/3/7 10:11:31

降参 ありがとうございました

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
簡単にみんなで作るショート動画アプリ Yahoo!Chocotle for Android(無料)
ベストアンサー以外の回答
1〜5件/6件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/2/2815:14:55

源義経の家来に佐藤継信・佐藤忠信兄弟がいました

佐藤 好信・・・磐城国の戦国大名・岩城氏、後に相馬氏の重臣
佐藤忠信・佐藤継信の子孫を名乗る

佐藤清信
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E8%97%A4%E6%B8%85%E4%BF%A1

(-o-)/

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

yamajou1958さん

2011/2/2812:12:51

西行法師です。
元北面の武士で武名が高い、佐藤義清といいました。
鎌倉によったときには頼朝と流鏑馬談義などしています。
藤でわかるように、藤原氏の支流です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

bagdat_cafeさん

編集あり2011/2/2811:19:25

一般論的に佐藤姓が多い理由は、藤原氏の神官職が結構全国にいて、明治になって平民も姓つけるときに、神社へ相談に行った連中に多く付けられた、とされていますね。
「佐」と言う漢字は補佐にも使われるように「(下になって)たすける」と言う意味があり転じて「仕える」「支える」という感じで使われました。
つまり佐藤とは、「藤原氏の下に仕えて支える」と言う意味なのです。苗字に縁もゆかりも無かった農民らにとっては、貴族の香りのするちょっとかっこいい苗字だったのではないのでしょうか。
藤原氏自体があまりに多くなりすぎて、京都で筆頭の五家は五摂家と呼ばれ、近衛、九条、二条、一条、鷹司を名乗っており、筆頭でもこの有様なので、公家で藤原を名乗る家は無く(有ったのかなぁ)、その関係で明治以降は逆に藤原姓は少数になっちゃいましたね。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2011/2/2810:16:49

藤原氏系統の武士で10世紀の人物の藤原秀郷(俵藤太)は大ムカデ退治や平将門討伐で名を馳せ、ついには鎮守府将軍にまで上り詰めた初期の武士社会の伝説的英雄であったが、下野国安蘇郡佐野庄(佐野市)を本拠とし、その子孫は佐野や佐藤を名乗った。
また、秀郷の子孫には佐渡守に任じられた者もおり、佐渡藤原氏を略して佐藤氏とした系統もある。
佐藤氏は関東と南奥州や東海に広がっていき、東日本に佐藤姓が多い要因となっている。

佐藤の苗字で有名な歴史上の人物は、西行法師(佐藤義清)、義経の忠臣の佐藤兄弟などがあげられる。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2011/2/2810:15:12

佐藤という名字自体は結構昔からいますよ。 出自は藤原氏といわれてますが、その中でも佐渡守の家系、左衛門尉の役職についた家系、現在の栃木県佐野市付近に本拠地を置いた家系等々、様々な佐藤氏が存在します。
その中で武将となった人物は、源義経の郎党佐藤継信・忠信兄弟、陸奥の戦国大名相馬氏の家臣となった佐藤氏、さらに歌人としても有名な西行法師の俗名は佐藤義清と言って、北面の武士という院(上皇の御所)を警備する武士であったりと、佐藤という名字の武士は結構います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する