ここから本文です

解決済みのQ&A

イノシシ、鹿による農作物の被害で大変困っています。 電気牧柵器の作り方を教えて...

konomi3219さん

イノシシ、鹿による農作物の被害で大変困っています。
電気牧柵器の作り方を教えて下さい。
電源は12V及び100Vいずれも可能です。
よろしくお願いします。

  • 質問日時:
    2011/3/9 13:05:21
  • 解決日時:
    2011/3/23 16:11:52
  • 閲覧数:
    1,402
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

hter802さん

農作物被害対策で野生動物の捕獲や追い払い、農家さんと防除の研究などをしています。電牧機をご自分で作りたいということでしょうか?一昨年、自作の電牧機での死亡事故があり、今は保安基準のようなものが示されていますので、なかなか自作方法を(こうした場所で)ご説明することは難しくなってきています。
市販のキットで防除するなら前の方の回答されているミニ番兵は簡易で、しかも安価(100m、二段で2万円強、追加資材で400mまで延長可)ですがかなりの効果があります。きちんと張って、きちんと管理してあればイノシシはほぼ完全に防げます。動物は電気ショックになれることはないので、柵を壊されたりしない限り何年でも効果がつづきます。(くどいようですが、管理がしっかりしていないとだめですよ。また、一度でも入り方を覚えられたらアウトです)
鹿についてはミニ番兵では苦しいので、両方の防除を目指すならもう少し背の高い電気柵が必要です。(うちのほうでは対イノシシにはミニ番兵を主にしていますが、対シカや対サルは別のメーカー)

イノシシもシカも、防除の際には柵の高さと潜り抜けの防止策が非常に大切で、柵の高さと、碍子を必ずほ場の外側に向けること、窪みや谷間のところではポールをひとつ足して高さを常に対地面で統一することが重要です。イノシシ(成獣)は20センチ、40センチの高さにします。ウリボウがいそうなら、もう一段増やすとなおよいです。また、草が絡んで漏電してしまわないように管理するのも大切です。

イノシシはほ場に最初からジャンプで侵入することはまれで、一度侵入して地面をよく確かめ、次からジャンプで侵入する、というパターンなので、最初に柵を張るときはとにかくくぐられないように工夫するとよいですよ。

電気柵以外にトタンや寒冷紗で防ぐ方法もあります。今月の「現代農業」でちょうど特集していますので、読んでみてもよいかもしれません。
なお、光、においはせいぜい1週間程度しか効果がないので、最初から電柵をお考えになったのは正解だと思います。
がんばってください

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

kaizoku1946さん

電気牧柵器の電源は12Vがよいでしょう。値段はおおよそ3万円から4万円くらいです。バッテリーの寿命は1年くらいと言われていますが上手に管理すれば2年でも3年でもOKです。電源はタイマー付きで日没から日の出まで夜に設定にされるとよいでしょう。バッテリーの中古品を自動車の修理工場などで安く仕入れて充電する時の予備のバッテリーにしています。
ソーラータイプの物は値段が高く8万円から10万円くらいと高価です。イノシシの場合は電気牧柵器を設置するだけで警戒して近づきません。学習効果がありあまり長くは続きませんが。スイッチを1日くらい忘れても大丈夫のようです。

ネットで調べたのですが:値段は安いのですが下記のアドレスの品一度検討されてはどうですか?
http://item.rakuten.co.jp/surge-m/6189/?gclid=CMfbiuqYwacCFYlypAod4... (信頼性は不明)

  • 違反報告
  • 編集日時:2011/3/9 20:22:00
  • 回答日時:2011/3/9 18:58:48

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する