ここから本文です

お稲荷さんの祀り方についての質問です。 初めてヤフー知恵袋を利用させて頂き...

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

asuharu531423さん

2011/3/920:12:37

お稲荷さんの祀り方についての質問です。

初めてヤフー知恵袋を利用させて頂きます。
近日引越しをしようと思うのですが、引越し先の敷地内にお稲荷さんが祀られています。
夫婦揃って神事には疎く正直不安です。

聞いた話だと、粗末に扱うと7代祟られるとか、毎日お供え物をしたりと大変だとのことでした。
10年以上住む予定ではないのですが、5年くらいは住むつもりです。
ちなみに大家さんは知り合いで、一代で建設業を成功させた人です。しかし、最近は近所に新しく家を建てられて、現在はそちらに住まわれてます。
大家さん自身、お稲荷さんを粗末にはしていませんが、現在はほぼ放置されてる状態です。
正直なところ、危険を伴うのでは?と考えてしまい、引越しを迷っています。

入居するにあたっての心構えや、日々の生活の中での気をつける点などありましたら教えていただけませんか?

閲覧数:
9,468
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

god_waterjpさん

編集あり2011/3/1010:19:29

お稲荷様のお尋ねの件、ご不安の様子お察し致します。
日本の神社で一番多いのが稲荷社ですが、きちんと祭祀を行っている家は少ないように思います。
敷地内に祀られているとの事ですが、祠のような物でしょうか、神棚の形式の物でしょうか。
大家さんが新しい家に、遷宮(引っ越し)されないのでしょうか。本来は大家さんか大家さんのご先祖様が、お稲荷様の元宮より分霊を願い祀られたと思われますので、その辺の由緒や経緯、祀られている御神体が判らなければ何とも言えません。
大家さんで祀る意思が無ければ、元宮へお返しするのも一方法ですが、作法が有りますし、大家さんと良く相談されたらいかがでしょうか。
尚、稲荷=キツネではありません。おキツネさんは稲荷の神仏に仕えるご眷属です。仕える神仏様も元宮によって違います。(京都伏見稲荷、茨城笠間稲荷、岡山最上稲荷、愛知豊川稲荷等)神霊的には、神様は人間が祀らなくなると勝手に元宮にお戻りになりますが、眷属(キツネなどの動物霊)は戻れなくなり、御供えを求めて浮浪になり、いたずらするのです。これは人間の勝手な所業が原因です。祀るときには一生懸命祀るのですが、世代が変わると疎かになる。事業をされている方などは、「自身の努力のみで成した」などと自惚れがちですが、これらの神霊のお働きが大きいのです。但し神様に仕える眷属ですから、正直で霊力は強く、正しく祀れば貴家の繁栄に大きく力を貸して下さいます。これも「ご縁」ですから貴方様にその心があれば、お祀りされても宜しいのではと思います。
稲荷神様のお役目は「衣食住」の守りです。御供えは供える方の心です。
月に二回位(一日と十五日など)祭日を定めて、お社を掃除し、お灯明を供え、いなり寿司、天ぷら、御神酒などを御供えし手を合わせれば宜しいのです。お下がり物はご家族やご近所で召し上がって下さい。目に見えない神霊や眷属は食べ物の精気(真心)を食べるのです。年に一回位、縁日を定めて(以前に決まっていなければ、引っ越しされた日でも良いでしょう)近くの神主様にお願いし、ご祈祷頂ければ完璧です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hamamatsu238さん

編集あり2011/3/1309:36:06

>引越し先の敷地内にお稲荷さんが祀られています。夫婦揃って神事には疎く正直不安です。聞いた話だと、粗末に扱うと7代祟られるとか、毎日お供え物をしたりと大変だとのことでした。

お稲荷さんは、正式の名は「稲荷神(いなりしん、または、いなりのかみ)」、と言われ、本来は穀物・農業の神ですが、現在は産業全般の神として信仰されています。
ご心配をされていらっしゃるようですが、清らかな心で感謝をもってお祈りをされているかぎり、何も怖いことはありませんよ。
しかし、「私だけが儲かりますように。」、あるいは、「ライバルを倒してうちの会社だけが繁栄しますように。」などと、身勝手なお祈りをしていると、神さまは祠(ほこら)から去ってしまわれ、かわりに、身勝手な祈りに呼応する魔(=邪霊)を呼び込んでしまいます。
魔にも多少の通力はありますから、身勝手な祈りでも毎日続ければ、それなりに、お願いしごとを叶えてくれることもあるでしょう。しかし、魔に祈っていると、たいていの場合、家庭内がグチャグチャになります。家の中では毎日口論が絶えず、子供は非行、不登校になり家出。そして、家庭内暴力、不倫騒動、遺産争いがこじれて裁判に…といったぐあいです。経営している会社がすごく儲かっているのに、家庭内は何かとゴタゴタ続き…という会社経営者の場合、自宅にはお稲荷さんの赤い鳥居が建っていて、本人は毎日熱心にお祈りをしている、というケースが意外とあります。

>聞いた話だと、粗末に扱うと7代祟られるとか、毎日お供え物をしたりと大変だとのことでした。

神さまが人に祟ることはありません。また、神さまがお供え物を要求することもありません。しかし、相手が魔(邪霊)であれば、そういったこともあるでしょう。
たとえば、次のような祈り方では、魔を呼び込む可能性が高いと思います。
「神さま、もうすぐ大きな入札があります。毎朝、一番高価ないなり寿司を必ずお供えしますので、なんとかうちの会社がこの仕事を取れますよう、よろしくお願いいたします。もしこの仕事が取れましたら必ず新しい鳥居を建てますので、そのかわり、どうか入札をよろしくお願いいたします。」→問題は、感謝の心がないうえに、神さまと「取引き」をしようとしていることです。このような祈りをした場合、熱心にやればやるほど、何かの問題が起きるでしょう。
たとえ何も供えなくても、毎日、清らかな心で感謝をもってお祈りをされていれば、何も心配をすることはありません。なお、先のように、神さまにお願いする事がある場合は、お祈りの最後に、それをたとえば次のように付け加えると良いと思います。
「もうすぐ入札があります。もし神さまの御心(みこころ)にかないましたら、私どもにどうかご助力をお願いいたします。」

また、もし、稲荷神をお祀りする気はない、というのでしたら、引越し先のお近くの神社の神主さんにご相談をされると良いでしょう。神主さんが、適切に「お御霊抜き(おみたまぬき)」をしていただけると思います。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する