ここから本文です

ヨガのポーズについてです。 鳩のポーズのコツを教えてください。

質問者

kuutanchanさん

2011/6/3016:05:03

ヨガのポーズについてです。

鳩のポーズのコツを教えてください。

鳩のポーズですが、曲げた足を、腕にかける事が出来ません。
足先を手で持つ事は出来るのですが、それ以上は、出来ないのです。

私は、合せきは簡単に出来るのですが、その逆のアヒル座りは、痛くてそんなに長く座っていられません。

また、普段から、骨盤が後傾しているので、娘によく注意されます。

猫背です。
後ろの曲げた足が前に来ているからでしょうか?(反対の足の延長線上に出来ない。)

骨盤が、反対の足の方に向いてないからでしょうか?

すみません。説明がわかりづらくて。

よろしくお願いします。

閲覧数:
4,361
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aya_secondさん

2011/7/316:41:36

腕に足を掛けようとするときに、体のどの部分がキツイと感じますか?

ヨガはポーズを完成形に近づけることが目的ではありません。
柔軟性や骨格の違いで完成形のポーズをすることが不可能な人もいます。
ヨガは「ムリせず、自分の体に聞く(見つめる)」ことが重要です。
ムリをせず、人と比べず、気持ちよく行ってください。
続ければ今より体が柔軟になり、より心地よくヨガが行えるようになります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/7/409:54:03

おはようございます。
人の身体は長い間の生活習慣でそれぞれに変わっていくものですね。
ヨガの色々なポーズで自分自身を知ることができるだけでもやらないよりずっとラッキーだと思います。

苦手なポーズができるようになれば嬉しいですし、頑張れた自分に自信も感じれるようになります。
それには時間が必要です。少しずつ少しずつの継続。
‘形よりイメージすること’イメージしながらそれに近づこうとすることが大事、尊敬する先生がいつも言われています。
できないなりにイメージすることで、必要な筋肉が伸びようとします。
決して焦らないこと^^


コツ、といいますか、
座ってのポーズになりますが、ねじたり圧縮されたりなので、
立って片方の足を持つ練習から始めるのはどうでしょう。
バランスが崩れやすいので片方の手はテーブルや何かにつかまりながらがし易いです。
特にお風呂に入った後にやると身体が柔らかくなっていて効果的です。


ひとつのポーズにとらわれるより
ゆったりした深い呼吸で身体のバランスを取りながらほぐす時間そのものが大事だと思います。
なにより、ヨガの後は気持ちいい♪ そう感じたらしめたものですね(^_^)/

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2011/7/300:37:30

体の硬さ、柔らかさは人によって違います。
なので、できなくてもできるところまででポーズを作りましょう。
ハトのポーズでひじに足をかけることができなければ、腕で足をささえればいいと思います。
何度もやっていれば、そのうちできるようになります。
決して無理はしないでください。

骨盤が後傾しているというのは、反っているということでしょうか。
反るということでしたら、腹筋を鍛えるといいと思います。

骨盤の反りや猫背は体が歪んでいるということもあると思いますが、筋力も弱いということではないでしょうか・・・。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する