ここから本文です

解決済みのQ&A

先月、62歳の母親が心臓の人口弁手術を受け障害者一級の認定を受けることになり...

bigtree_alphaさん

先月、62歳の母親が心臓の人口弁手術を受け障害者一級の認定を受けることになりました。

そこで年金についてですが、障害基礎年金を受給出来ると聞きましたが65歳に達していなくても受給出来るものなのでしょうか?
また、65歳に達した際には障害基礎年金+老齢厚生年金という組み合わせで受給することが可能なのでしょうか?若しくは、老齢基礎年金+老齢厚生年金という組み合わせを65歳の時点で変更することも可能なのでしょうか?可能な場合どちらの組み合わせが一般的に有利なのかご教示頂ければ幸いです。

年金について全くの素人なので教えてください。

  • 質問日時:
    2011/8/5 20:56:26
  • 解決日時:
    2011/8/6 23:08:04
  • 閲覧数:
    765
    回答数:
    3
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

nynpp230さん

ご本人(母親)の年金加入状況が不明ですので下記の日本年金機構HPのパンフレット(年金事務所、国民年金窓口で配布している冊子)を参照して下さい。
年金加入状況が分からない限り次のステップに進む事ができません。
お問い合わせの各項目の回答があります。
ここの回答は概略のみですが、これ以外にも規則、規定などがあります。

>障害者一級の認定を受けることになりました。
・身体障害者手帳 (心臓機能障害)1級と思われますが身体障害者手帳と障害年金との管轄部署、認定基準も異なり連動していません。
但し「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」に該当していれば受給可能です。一概に判断はできません。

>障害基礎年金を受給出来ると聞きましたが65歳に達していなくても受給出来るものなのでしょうか?
受給要件を満たしていれば可能です。年金納付状況や「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」該当によります。

>65歳に達した際には障害基礎年金+老齢厚生年金という組み合わせで受給することが可能なのでしょうか?
可能ですが二つ以上の年金受給のHP参考にして下さい。

下は日本年金機構のHPです。

障害基礎年金・障害厚生年金の概要
http://www.nenkin.go.jp/main/individual_02/index4.html

老齢年金
http://www.nenkin.go.jp/pamphlet/pdf/02_01.pdf

障害年金
http://www.nenkin.go.jp/pamphlet/pdf/syogai_01.pdf

二つ以上の年金受給
http://www.nenkin.go.jp/pamphlet/pdf/double03.pdf

国民年金・厚生年金保険障害認定基準
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000010opz-att/2r98520000010...

障害年金は非課税ですが老齢年金は課税されます。

障害年金は広く浸透していないため裁定請求も複雑で分かり難い事もありますが、利用できる制度は申請側も内容を習得した方が良いと思います。

お大事にして下さい。

  • 違反報告
  • 編集日時:2011/8/6 19:16:04
  • 回答日時:2011/8/6 16:31:22

質問した人からのお礼

  • 降参皆様、回答ありがとうございました。障害者手帳の等級と障害年金の等級とは違うとは考えていませんでした。 頂いた情報を元にひとつづつ確認していきたいと思います。
  • コメント日時:2011/8/6 23:08:04

グレード

ベストアンサー以外の回答

(2件中1〜2件)

並べ替え:回答日時の
新しい順
古い順

 

jyuna929さん

身体障害で障害基礎年金受給者です。
障害年金は一部を除き、65歳の誕生日の前々日までに請求しないと受給する事ができません。
また、老齢基礎年金を繰り上げ受給していると65歳到達とみなされるため、障害基礎年金の請求はできなくなります。

障害者手帳と障害年金は、認定機関や認定基準が異なるため一致しないことも多いです。
特に心臓機能障害の弁置換やペースメーカー等の埋め込みは、手帳1級でも障害年金は原則3級で1・2級のみの障害基礎年金では受給する事ができません。
初診日時点で厚生年金に加入していた場合は、障害厚生年金3級が受給できます。
>65歳に達した際には障害基礎年金+老齢厚生年金という組み合わせで受給することが可能なのでしょうか?
障害厚生年金2級以上に認定されている場合は、下記の組み合わせを選択する事が出来ます。
・「老齢厚生年金+老齢基礎年金」
・「老齢厚生年金+障害基礎年金」
・「障害厚生年金+障害基礎年金」
障害厚生年金3級の場合は、3級には障害基礎年金部分を含まないため、障害厚生年金3級又は老齢厚生年金+老齢基礎年金のどちらか一方を選択します。
上記のように、障害基礎年金+老齢厚生年金を併給できるのは、障害厚生年金2級以上に該当する人です。
国民年金にずっと加入していた人は、65歳到達時に障害がある場合は、障害基礎年金又は老齢基礎年金のいずれか一方を選択します。
お大事になさってくださいね。

nobutake002424さん

障害者1級は障害者手帳のことでしょうか。障害基礎年金の等級とは違います。人口弁だけなら3級該当で障害基礎年金は支給されません。症状固定(これ以上悪化も、改善も認められない)と判断されれば、一時金が出るケースがあります。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する