ここから本文です

解決済みのQ&A

動圧を測る圧力計のしくみ

samurai_punch_of_ntlさん

動圧を測る圧力計のしくみ

閲覧頂きましてありがとうございます。
圧力計などに関して全く無知の素人です。
水や空気などの流体が一定方向に流れている際のある点での圧力を測る場合、
圧力計はどのようなしくみでその圧力を測るのでしょうか。
いろいろ調べましたがなかなか分かる説明にたどり着きません。
分かりやすくご教授いただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

  • 質問日時:
    2011/10/7 17:13:09
  • 解決日時:
    2011/10/22 11:49:54
  • 閲覧数:
    2,730
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    100枚

ベストアンサーに選ばれた回答

kimuron1さん

ピトー管で動圧を測ります(下記URLを参照ください)。

ピトー管は、先端を流れに正対させて使用します。
側面に穴(外側の管)を開けこの穴は流れの影響を受けないため、ここには静圧がかかります。
一方、先端にある穴(内側の管)には静圧と流れによる動圧とを合わせた全圧(総圧とも)がかかります。
この全圧から静圧を引いた差圧(動圧)を測定し、ベルヌーイの式を適用することで流体の速度を計算することができます。

このように、側面に穴(静圧孔)を備え、単体で全圧と静圧の両方を測るタイプのピトー管はピトー静圧管とも呼ばれ、狭義のピトー管は、側面に静圧孔を持たず、全圧のみを測定するものです。
この場合、静圧はピトー管とは別の位置に設けられた静圧孔から、センサあるいは計器へと導かれます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%88%E3%83%BC%E7%AE%A1#....

下図はピート菅の説明図です。
ピトー静圧管の概念図。
黄色い部分には静圧が、白い部分には全圧がかかっており、その差圧を赤色のセンサ部(ダイヤフラム等)で検出します。

投稿画像

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

tummychair90さん

配管に管軸に垂直に穴を開けてその圧力を計る。その計測点において、流れは動圧と静圧を持っている。動圧は流れる方向の圧力なので、それに垂直な方向の圧力は持たない。一方、静圧はどの方向にも同じだから、流れに垂直な圧力は静圧となる。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する