ここから本文です

行政法上の「事実上の行為」「事実行為」の定義はどういったものなのでしょうか。

質問者

kurusukeponさん

2011/10/2022:40:39

行政法上の「事実上の行為」「事実行為」の定義はどういったものなのでしょうか。

こんばんは。自分は行政法を勉強しているものですが、行政法上の言葉の定義についてで相当混乱しています。

それは、「事実上の行為」と「事実行為」の定義について、です。
場面によって、使われている意味があまりに違いすぎる気がするのです。

たとえば、行政不服審査法の条文上(2条1号)では

①「事実行為」=公権力の行使にあたる「事実上の行為」で、人の収容、物の留置その他その内容が継続的性質を有するもの

とあります。一方で、行政法の講学上(?)では

②「事実行為」=行政機関の法律効果を有しない活動。

と定義されます。さらに、行政手続法(2条4号)の不利益処分にあたらない「事実上の行為」というものの具体例を見てみると

③「事実上の行為」…強制執行や即時強制などがあてはまる

とされる解釈を多数見かけます。

つまり、③の「事実上の行為」を見る限り、”法的効果”をもつもの(行政行為)が列挙されています。
一方で、②の「事実行為」からすると、「事実行為」には”法的効果”はありません。
しかし、①の「事実行為」には、「事実上の行為」、つまり”法的効果を生ずる活動”が含まれています。

もうわけがわかりません。どなたか、この三すくみの矛盾を綺麗に説明いただけないでしょうか…。
なるべく「事実上の行為」「事実行為」について、定義と具体例を交えて説明してくださると助かります。

ほんとに困っています。よろしくお願いします。

補足私は根本的な勘違いをしていたようです。
今まで、行政強制は法的効果があると思ってました。

しかし、行政強制は法的根拠は必要とはされても、法律行為ではないと解釈されていて、
義務が履行されるまで行われる意味では継続的効果を有しますが、権利義務関係を”新たには発生させない”ので、
行政強制は行政行為ではなく「義務を履行させる手段」としての「事実行為」として扱われる。

ということのようです。(合ってますでしょうか)

閲覧数:
9,435
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rojoukingさん

2011/10/2102:41:53

>なるべく「事実上の行為」「事実行為」について、
>定義と具体例を交えて説明してくださると助かります。


<<事実上の行為>>
概観上は法律効果を有しない活動。
すぐに権利や義務が発生したり消滅したりしない。
「行政指導」「即時強制」等等。
継続的性質を有するものを含む。
「人の収容」「物の留置」等等。

<<講学上(行政法)の事実行為>>
法律効果を完全に有しない活動。行政行為に相対する定義。
ずっと権利や義務が発生したり消滅したりしない。
「行政指導」「即時強制」等等。

※事実上の行為の中で、継続的性質を有さないもの。

<<行政不服審査法上の事実行為>>
処分に不服を言う法律なので、
基本的には「処分」の定義です。
『以下「事実行為」という。』と書かれているので、
事実行為の定義にはなっていますが・・・

公権力の行使に当る「事実上の行為」で、
人の収容、物の留置その他その内容が
継続的性質を有するもの。

つまり、概観上は法律効果を有しないが、
いずれ権利や義務が発生したり消滅したりするもの。
「人の収容」「物の留置」等等。

※事実上の行為の中で、継続的性質を有するもの。



なお、行政手続法上の事実行為とは、
特に定義されているわけではありませんので、
講学上の事実行為とほぼ変わりません。



ちなみに、
<<国民の行う事実行為(一般)>>
意思表示をしない行為。法律行為に相対する定義。
「歩く」「走る」等。



>③の「事実上の行為」を見る限り、
>“法的効果”をもつもの(行政行為)が列挙されています。

原則に立つ限り、列挙されてはいません。
即時強制などは、継続的性質を持たない限り、
権利や義務が発生したり消滅したりしないので、
原則として“法的効果”を持ちません。

>②の「事実行為」からすると、「事実行為」には”法的効果”はありません。

基本的には、これが正しいです。

>①の「事実行為」には、「事実上の行為」、
>つまり“法的効果を生ずる活動”が含まれています。

確かにそうですが、
いずれ権利や義務が発生したり消滅したりするものなので、
正確には“法的効果がいずれ自然と生じてしまう活動”です。

質問した人からのコメント

2011/10/27 21:01:20

>>③の「事実上の行為」を見る限り、“法的効果”をもつもの(行政行為)が列挙…。

の文意は
『③の「事実上の行為」には、代執行/執行罰etcの「行政強制」+「即時強制」などを含むとする解釈を多々見る』
だったのです…悪い質問の仕方でした。

回答が丁寧で、私が根本的な勘違いをしていたことにも気づけ、助かりました!(補足欄に書きました、よろしければご覧ください)
本当にありがとうございました!!m(_ _)m

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する