ここから本文です

「禮」の意味を教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

grip_ha_siroさん

2012/1/2313:49:55

「禮」の意味を教えてください。

閲覧数:
2,296
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

a106katoさん

2012/1/2314:24:20

(れい)
礼。節操。分限。
人の根幹であり、自らの心より発する自発的規範。
部分と部分、部分と全体の調和・秩序を形づくるもの。
禮は、人の諸機関が自ずから調和して全体としてあるが如く、それぞれが己の分限を守って尽すところをいう。
故に禮を失すれば、全体は調和を失い、人の体であれば変調をきたし、組織であれば系統が乱れ、物事であれば収拾がつかなくなる。
物事において節目を大事にするのは、節目が分限の最たる部分なるが故であり、その節目を掴んで操り*1*2、全体として調和に導くは、物事に対する人の禮である。
禮は示+豊。
示は神を祀る祭壇の形で多く神事をいい*3、豊は供え物の盛んなるをいう。
春夏秋冬、各々の節目で畏敬の念をおこして神を祀り、天に祈り、大地を踏みしめ、大自然に感謝し、“それまで”と“これから”を繋ぐ、それが禮である。
また、説文解字の示部には「履なり。神に事(つか)へ福を致す所以なり。示に従ひ豊に従ふ、豊は亦た声」とある。
履は人が足で道をふみ歩く意とも、土地を得てその地をふむ儀礼の意ともされるが、いずれにしろ人が大地を履(ふ)む行為をいう。
人が履(ふ)み往きて忽(ゆるが)せにせざれば、それは遂には道となる*4。
その道は人が辿りつく術(すべ)となり、これを尽して神意に適い、故に自ずから福を致す。
福を致すとは、福が舞い降りるのではなく、自ら履(ふ)み往くからこそ自然に福となる、ということである。
現代的な意味での禮は、表面上の恭しさや規律・言行動作ばかりが強調されるが、そのような規定されたものは形式であって本質ではない。
禮の本質とは、素行自得であり、自己自身であり、いまそのときに心から自然と溢れ出るところのものを尽すことである。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

stromaotliteさん

2012/1/2314:21:46

「禮」は「礼」の旧字体で、意味も同じです。

1 社会秩序を保ち、人間関係を円滑に維持するために守るべき、社会生活上の規範。礼儀作法・制度など。「―にかなったやり方」「―を失する」「―を尽くす」
2 敬意を表すために頭を下げること。おじぎ。「先生に―をする」
3 謝意を表すこと。また、その言葉。また、謝礼のために贈る金品。「本を借りた―を言う」「世話になった人に―をする」
4 儀式。「即位の―」

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/233981/m0u/

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

2012/1/2314:07:07

禮=礼
礼と同じ意味です

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

2012/1/2313:53:45

祭礼と禮という字と同じですよ。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する