ここから本文です

解決済みのQ&A

交通事故の現場検証・実況検分について。先日交通事故にあい、物損事故から人身事...

syamoji100さん

交通事故の現場検証・実況検分について。先日交通事故にあい、物損事故から人身事故に切り替えたのですが、事故状況が双方動いたという状況(止まっていたところ、相手車が突っ込んできたので避けたがぶつかった)で

はないため、警察は現場検証・実況検分を行いませんということですが、何故でしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアンに回答をリクエストしました。

  • 質問日時:
    2012/3/9 11:28:56
  • 解決日時:
    2012/3/24 10:22:38
  • 閲覧数:
    4,325
    回答数:
    2
  • お礼:
    知恵コイン
    500枚

ベストアンサーに選ばれた回答

hanachindesuさん

人身事故になれば、警察は現場検証・実況見分を行います。さらにケガをした被害者と相手加害者に事情聴取をし調書を作成します。これは基本的な作業でこれらの書類を揃えて検察庁に送る必要があるからです。
しかし、事件を検察庁に送らない時はこれらの作業の全て、あるいは一部は必要になりません。
要するに物損事故と異なり、加害者の刑事処分のために人身事故は手間がかかります。
交通事故係りは事故処理に追われて極めて多忙で、出来ることなら仕事を減らしたい一心なのです。
ではどのようなケースでカットするかですが…
提出された「診断書」の治療期間が2週間以内(2週間以内であれば、検察庁へは「不送致」で済ますことが出来ます。)であることが大原則で、あとは担当官の判断で実際は微妙なのですが…
例えば
①物損事故の段階ですでに上記作業が有る程度行われてメモがあり、万一必要になってもいつでも作成できる場合。
②自転車と歩行者の接触程度の極めて軽微で損害の賠償請求があってもわずかと思われ、双方がもめる可能性が無い事故。
③被害者がおとなしといとか無力で、後日賠償がどうなっても警察に文句を言って来る可能性が無い事故。
④後日もめた場合には、いつでも警察が対処できる見込みのはっきりしている場合。(例えば加害者が地元の組員で、警察に頭が上がらない。任意保険があって賠償には心配がない。)
⑤きちんと処理する時間が全くないのでサボって放置する。(しかし人身「事故証明書」が発行される形にすることは簡単ですのでそれはすぐに手配します。)

一度、警察に「調書を取られてないけどいいの?」と聞いてみて下さい。その答え方で上記のどれかがある程度推測出来ると思います。

  • 違反報告
  • 編集日時:2012/3/10 11:39:58
  • 回答日時:2012/3/10 08:58:00

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

aj10443さん

断言はできませんが、
すでに現場見取図が作成済であり、双方の供述に矛盾がないため敢えて現場検証・実況検分の必要性は認めないと言う事ではないでしょうか。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する