ここから本文です

解決済みのQ&A

「和平」と「平和」何となく違いはわかりますが、 文章の上に使うときの使い方が...

sugar_maple31さん

「和平」と「平和」何となく違いはわかりますが、

文章の上に使うときの使い方が、いまいちわかりません。

  • 質問日時:
    2006/6/21 09:19:16
  • 解決日時:
    2006/6/25 07:27:14
  • 閲覧数:
    1,054
    回答数:
    2

ベストアンサーに選ばれた回答

sarutahiko52さん

①平和
これは「戦争のない状態」を表しています。

戦争の反対語で、トルストイの名作は「戦争と平和」です。
戦争が終わってやってくるのは(少なくとも日本語では)和平ではなく、平和です。
「和平がやってきた」とは言いません。


②、和平
これは「和睦して平和になること」を表しています。

前記回答者の「平和を作り出すための行動」という説を私はとりません。
「イラク戦争に反対して和平している」?
少なくとも私は使いません。
むしろこの言葉は戦争状態からの変化を表している言葉だと理解しています。
典型的な使われ方としては「和平工作」「和平会議」などがあります。


③、補足として説明をつけ加えますと

1、「平和会議」
これは学者や市民団体が集まって
平和について話し合うシンポジウムのようなものがイメージされます。

2、「和平会議(会談)」
これは一般的には戦争当事者の戦争終結のための会議(会談)がイメージされます。

もちろん、人によっていろいろな使われ方がされることがありますが、
この平和と和平の使われ方に
その本質があるように感じています。

④、なお、字数の関係で詳しくは述べませんが、
中国語の「平和」と「和平」は必ずしも以上の説明とは一致しません。
日本語の平和はむしろ「和平(heping)」という言葉で表現されます。
例、「参加保衛和平運動的示威(平和運動のためにデモに参加する)」
(簡体字を日本の漢字で表記しました。)

  • 違反報告
  • 編集日時:2006/6/21 11:44:41
  • 回答日時:2006/6/21 11:21:42

ベストアンサー以外の回答

(1件中1〜1件)

 

xmdyr183さん

「平和」は状態を表し、「和平」はその状態を作り出すための行動を表す。

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する