ここから本文です

落語でおすすめの本を教えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

質問者

regulus_0a0さん

2012/4/1605:01:30

落語でおすすめの本を教えてください。

補足落語のお話が書いてあるものが読みたいので、話がけっこう載っているものがあれば教えてくださいm(__)m

閲覧数:
1,808
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mozupercさん

2012/4/1721:57:49

話がたくさん載っているもの、とするとすでに出ている興津要さんの「古典落語」がいちばんおすすめです。もともとは確か5冊くらいの分厚い文庫本で出ていました。一般的に演じられる噺のかなりを網羅しているように思います。

あと、現在角川文庫から出ている「古典落語」のシリーズは、いわゆる速記本ですが、語り口をかなりうまく文章に起こしていると思います。その噺家さんの口調を知っていれば、なんとなくこんな感じで話しているんだろうな、って想像がつきます。速記なので実際にその落語家さんが話しているクスグリの部分も再現しているし、けっこうこれはいい落語本だと思っています。昔から愛読していましたが最近再発売されてありがたいです。

質問した人からのコメント

2012/4/19 11:56:08

抱きしめる ありがとうございます!
本屋で探してみます!^^

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答
1〜5件/5件中
並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/4/1823:27:11

興津要氏の「古典落語」はわたしも目を通しました。
特にかつての講談社文庫版の上巻は薄い本でしたが、古典落語の中でも特に著名な話ばかり収録されています。

古書であれば円朝全集なんてのもありますが、ちと手に入れづらい。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2012/4/1709:55:04

質問のご趣旨とは違うとは思いますが…パラレル様から「赤めだか」が出ましたので、「ギンギラ★落語ボーイ (単行本)」
三遊亭 白鳥、をオススメします。
落語の話はのってません。落語家の話です。しかも、「赤めだか」がノンフィクションであろうと思われるのに対し、こちらは小説。フィクションです。
しかし、駆け出し落語家の生活はこういうモノなのかな?って妙な説得力があります。特に前半〜中盤はテンポ良く、白鳥師の実体験がかなり反映されているように感じます。
あたしが読んだ限りですけど、「赤めだか」より面白かったですよ。
…質問のご趣旨に見える実際の落語のスジは殆ど出て来ないのが難ですが、この本自体が長編落語みたいに感じられました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

pararell8さん

2012/4/1615:44:51

立川談春「赤めだか」
修行について書いてあるだけで、話にはあまり触れていない。でも、面白い。キャッチコピーが素晴らしい「サラリーマンより楽だとおもった」
話を知りたいなら、興津要の本が良い。他の方も書いている通り。
マンガで古谷三敏に「寄席芸人伝」(中公文庫)がある。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

グレード

カテゴリマスター

katomanpapaさん

2012/4/1611:42:16

私が落語を覚えたのは
興津要「古典落語」(講談社文庫)でした。
当時は続、続々の3冊でしたが、講談社学術文庫版は2冊のようです。


ライブの落語を楽しみたいのであれば
広瀬和生「この落語家を聴け! いま、観ておきたい噺家51人」で紹介されている落語家さんが参考になります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

アップロード写真

カテゴリマスター

seineuxさん

編集あり2012/4/1615:39:05

なかなか大きい質問ですね。

「釣りでお勧めの竿は」といわれても、どこで何を釣るかによって千差万別であるのと同様、落語の何にどう興味があるかによって回答が違ってきます。
具体的に落語の何を知りたいか、どんな部分を詳しく書かれたものを求めているのか、補足で記入すれば回答も増えることでしょう。

>補足
落語の噺の内容(セリフ)が書かれているものは「速記」と呼ばれます。
「落語」「速記」で検索すると、出版各社から出ているのが見つかるので、その中から選ぶとよいでしょう。

ただし速記本は、いわば芝居の台本のようなもので、読み物としておもしろいかどうかはまた別の話です。
あらすじ程度でいいから数を読みたいということでしたら、

立川志の輔監修「千字寄席」(PHP 文庫)

をお勧めします。

よろしければ、参考まで。
http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n9554

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する