ここから本文です

プロパンガス 30kg 6本=180kgは、一般的な倉庫の屋内で保管できますか?接触...

質問者

m7fujise2000さん

2012/9/718:03:05

プロパンガス 30kg 6本=180kgは、一般的な倉庫の屋内で保管できますか?接触する法規は何でしょうか?

閲覧数:
6,452
回答数:
4
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2012/9/1107:55:32

お疲れ様です。ミスター高圧ガスと申します。

「プロパンガス」とありますが、一般的に流通しているものは「LPガス(=液化石油ガス)」で、容器にも「LPガス」の表示がされているかと思います。この「LPガス」を一般消費者に販売する販売店が貯蔵(←保管のこと)する場合には、液化石油ガス法の規制を受けますが、それ以外の場合は高圧ガス保安法の規制を受けます。

文面からすると質問者さんは、販売店さんではなく一般ユーザーさんのようなので、高圧ガス保安法の「貯蔵の基準」の適用を受けることになります。具体的には高圧ガス保安法の省令の一つである「液化石油ガス保安規則」第19条第2号(一部、液化石油ガス保安規則第6条第2号第7号を準用)において、その規制内容が以下のように規定されています。こちらは、基準遵守義務のみで、届出等は不要です。

************************************************
(液化石油ガス保安規則第19条)
二 容器(中略)により貯蔵する場合にあつては、次に掲げる基準に適合すること。
イ 貯蔵は、船、車両若しくは鉄道車両に固定し、又は積載した容器によりしないこと。(後略)
ロ 貯蔵は、通風の良い場所ですること。
ハ 第6条第2項第7号の基準に適合すること。(下記↓参照)

(液化石油ガス保安規則第6条第2項)
七 容器置場並びに充てん容器及び残ガス容器(中略は、次に掲げる基準に適合すること。
イ 充てん容器等は、充てん容器及び残ガス容器にそれぞれ区分して容器置場に置くこと。
ロ 容器置場には、計量器等作業に必要な物以外の物を置かないこと。
ハ 容器置場の周囲2メートル以内においては、火気の使用を禁じ、かつ、引火性若しくは発火性の物を置かないこと。(後略)
ニ 充てん容器等は、常に温度40度(中略)以下に保つこと。
ホ 充てん容器等(中略)には、転落、転倒等による衝撃及びバルブの損傷を防止する措置を講じ、かつ、粗暴な取扱いをしないこと。
ヘ 容器置場には、携帯電灯以外の灯火を携えて立ち入らないこと。
************************************************

ポイントは、液化石油ガス保安規則第19条第2号ロの「貯蔵は、通風の良い場所ですること。」が、倉庫で確保できるかというところになります。詳細基準が示されていませんが、床面積の3%以上の開口部が床面に接するような形で確保されていれば、問題がないと言えるでしょう。

なお別の方が回答していますが、「危険物の規制に関する政令」第1条の10において「届出を要する物質」に「液化石油ガス 300kg」以上というのがありますので、今回は該当しませんが、この量を超える場合には消防署への届出が必要となります。この「危険物の規制に関する政令」は消防法に係る政令の一つです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

levin_evoさん

2012/9/720:11:33

元ガス屋です。

倉庫での保管ですが、一時的なもの?それともずっと?

で、自分の所で使用するのか配達用か?もう少しいえば民生用か工業用か?

で取り決められる法律は変わってきますよ。(かなり厳密な話ですが。)

高圧ガス保安法か液石法かですけどね。

ざっくり最低限は火気からの距離、滞留しない構造、直射日光等による温度上昇が

ない事、転倒防止措置etcですかね。

まぁ、極端な話、倉庫内にガスボンベを設置して供給するのであれば最低限の

条件で置く事は可能ですが、完全な保管であれば容器置き場等の届出を行った

施設でないと何かあった際にはご自身以外にもボンベの配送業者や取引のガス会社

に迷惑がかかりますよ。

消防への届出は300kg以上が該当となります。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2012/9/721:37:39

ガス屋です。

最初の投稿は間違っていたので書き直しました。

30kg容器は少なくても一般的な倉庫の屋内では保管はできません。(ガスが漏れた場合、滞留を防止できないため)
抵触する法規は高圧ガス保安法、液石法です。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

編集あり2012/9/719:47:11

300kg以上を保管する場合は消防への届け出が必要なようです。
http://www.lpg.or.jp/faq/faq01.html

なので180kgなら通常保管で大丈夫なようです。
ガス漏れ警報器は付けて置いた方が良いかもしれません。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する