ここから本文です

教会と大聖堂の違いってなんですか?規模でしょうか? また、教会や大聖堂を取り...

質問者

groundluckyadventurerさん

2006/9/1619:00:25

教会と大聖堂の違いってなんですか?規模でしょうか?
また、教会や大聖堂を取り仕切る主な役職を詳しく教えて下さい。

閲覧数:
8,240
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2006/9/1801:01:05

キリスト教についてのご質問と思いますが、カトリックを例にコメントします。

カトリック教会には、役務的司祭職として、司教・司祭・助祭という三つの位階があります。

位階としての司教には、教皇、大司教、司教が含まれます。使徒継承の伝統教会である、カトリックや正教において、イエスの直弟子であった使徒から連続的に叙階されてきた司教(正教では主教と言います)は、固有の重要な意義を有する奉仕職です。特に、使徒ペトロの後継者として位置付けであるローマ司教のことを 教皇と言います。教皇は、司教団と結ばれて、全世界のカトリック教会を司牧します。(補足:枢機卿とは、通常司教の中から教皇によって任ぜられる教皇の顧問団とも言える役職です。逆に教皇は、枢機卿の中から選ばれます)

司祭(いわゆる神父)は、司教の任ずる範囲で司教を助ける奉仕職で、地域の小教区などで日常的に信者と接します。また、助祭も、司教から任ぜられ、固有の役割を持って司祭を助ける奉仕職です。

さて、日本語で通常「大聖堂」と呼ばれるものは、カテドラル、つまり司教座聖堂のことです。カトリックでは、地理的な行政単位として教区という単位がありますが、その教区を司牧する司教の椅子(司教座=カテドラ)が祭壇周辺に据えられている聖堂をカテドラルと言います。

カテドラルには、司教によって教区内の小教区(司祭が奉仕する一般の地域教会)を教導する、固有の意義があります。カテドラルは、多くの場合大きな聖堂ですが、大きさが小教区の各聖堂と比べて大きい小さいが問題ではなく、位置付けが異なっています。

質問した人からのコメント

2006/9/19 01:26:05

降参 参考になりました。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

このQ&Aで解決しましたか?質問する

閉じる

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2006/9/1708:54:33

教会とは、キリスト教のすべての宗派の行事のためにある、クリスチャンの集会の場であり、聖なる場でもあります。カトリックでは、一教会を小教区と呼んでいます。

大聖堂とは、一般的にカトリックや正教会の聖堂で、通常は一つの町にひとつだけ存在します。

教会を直接仕切るのは、カトリック、正教会では主任司祭、また、プロテスタントでは牧師です。

大聖堂には、複数の司祭が、また、カテドラル(司教座)としての機能を果たしているような特に重要な大聖堂には、複数の司祭のほかに司教がいます。

司教は、一教区(日本には15前後の教区がある)の長であり、そこにあるすべての所属教会の司祭を指揮・監督し、また、すべての所属信者を霊的に指導します。

ちょい足しを取り消しますが
よろしいですか?

  • 取り消す
  • キャンセル

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

ID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する