ここから本文です

解決済みのQ&A

自動車リースは基本的にオペレーティングリース取引ですが、ファイナンスリース取...

yqt04523さん

自動車リースは基本的にオペレーティングリース取引ですが、ファイナンスリース取引になる例を教えてください。

  • 質問日時:
    2012/11/28 23:19:14
  • 解決日時:
    2012/12/13 10:23:44
  • 閲覧数:
    1,167
    回答数:
    1
  • お礼:
    知恵コイン
    50枚

ベストアンサーに選ばれた回答

kesunke_tpさん

ファイナンスリース取引と判定される条件として、まず「ノンキャンセラブル」があります。これは、リース期間中にリース契約を解除することができない、もしくは強引に解除してもリース契約を継続した場合と同程度の違約金を取られるなど、実質的に解除が不能であるということです。

そしてもう一つは「フルペイアウト」。
これは、借り手がリース物件からもたらされる経済的利益を実質的に享受することができ、かつ、当該リース物件の使用に伴って生じる費用を実質的に負担することになるということです。
具体的には、次の2つの条件のどちらかに当てはまれば、フルペイアウトと判定されます。
(1)リース料総額の割引現在価値が借り手の見積もり現金購入価額の90%以上

(2)解約不能のリース期間が、当該リース物件の経済的耐用年数の75%以上


まず、「ノンキャンセラブル」に当てはまらなければ、オペレーティングリースで、これに当てはまっても、「フルペイアウト」の上記(1)(2)いずれにも当てはまらない場合もオペレーティングリースです。

ファイナンスリースかオペレーティングリースかは、リース物件の性質ではなく、リース契約の内容によって決まります。

この質問は投票によってベストアンサーが選ばれました!

Q&Aをキーワードで検索:

総合Q&Aランキング

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。

知恵コレに追加する

閉じる

知恵コレクションをするID/ニックネームを選択し、「追加する」ボタンを押してください。
※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

ほかのID/ニックネームで利用登録する