ここから本文です

ベストアンサー以外の回答

6〜9件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sedia2010さん

2016/7/2815:05:12

座席数を増やす事ばかりに神経が行き、ドアの数が少ない事と、階段がある事が障害になるのに気付かずに設計して、後の祭りになった訳です。

最初から通勤ラッシュに二階建ては無理があるのを認識すべしでした。
グリーン車2両くらいならさほどではないですが、普通車の二階建ては厳しいです。
もう懲り懲りでしょう。

2016/7/2814:27:44

パリでは3ドア車の二階建てがあるので、参考にして見てもいいと思います。

2016/7/2813:32:28

2階建てもそうですが5扉車、6扉車も大局的に見れば混乱を招くだけでした。それと気になるのは乗務員室の位置です。関東でも関西でも民鉄の場合、乗務員室はあっても客用のドアの位置は一定の間隔を保っています。それが231系以後、やたらに乗務員室が大きく、1番前の客用ドアと2番目のドアの間隔がやたらに狭くなっています。異様な設計だと思いませんか。それとJR各社、やたらに編成を短くしています。昔の北陸本線のローカル、客車や電車で6両編成が多かったのですが、現在の北陸線ローカル、2両編成ですよ。これじゃお客さんのJR離れを招きますよ。ちょっと視点がずれましたか。

プロフィール画像

カテゴリマスター

mygencomさん

2016/7/2813:31:53

どこかの本で書いていましたけど、2階建て車両が走行できるだけの「大規模な設備の改修」、つまりホームを二層にし、架線を移動、重さに耐えられるよう軌道を改修、必要に応じてき電設備を増強すれことが可能であれば有用なんです。2本の列車がおぶさって運行していているようなもんですからね。

それをやらなければ、おっしゃる通り215系と同じことになるでしょうね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。